SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

「100%オープンソース」で急進するホートンワークス

 Apache Hadoopのディストリビューターという意味では、最も後発となるホートンワークス。10月26日から開催された「Hadoop Summit 2016 Tokyo」では基調講演を主導するなど、Hadoopコミュニティでは中心的な存在になっている。ホートンワークスジャパン カントリーマネージャー Jeff Markham氏が記者向けに同社のビジネス戦略を説明した。

ホートンワークスの特徴は「100%オープンソース」

 Apache HadoopはOSSの中では歴史が長く、ディストリビューションも既に各種登場している。ホートンワークスは2011年創立、2014年にはNASDAQに上場、現在では17ヶ国に展開し、全世界で従業員は1200人を超えるなど急成長を遂げている。ビジネスモデルは主にオープンソースソフトウェアのサポートサブスクリプション、コンサルティングサービス(プロフェッショナルサービス)、トレーニング。

ホートンワークスジャパン カントリーマネージャー Jeff Markham氏
ホートンワークスジャパン カントリーマネージャー  Jeff Markham氏

 日本法人は2014年に設立し、2015年から本格的にビジネスを展開している。社員はまだそう多くはないものの、OSS書籍の著者、コミッター、エバンジェリスト経験者など、そうそうたるメンバーが並ぶ。まさにオープンソースの精鋭部隊だ。顧客はYahoo! Japan、リクルートテクノロジーズ、リクシルなどオープンソースに関心が高い先進的な企業を抱え、ビジネスパートナーのエコシステムもパートナープログラムを整備して拡大中だ。

 ホートンワークスの特徴についてMarkham氏は「100%オープンソース」と強調する。提供する製品はOSSで構成されており、サービスもOSSに関するノウハウだ。ディストリビューターではあるがライセンス販売はしていない。

 一般的に多くのディストリビューターは元となるOSSに独自の改良を加え、商用版として販売している。例えばIBMなら、Apache Hadoopの無料ディストリビューションとなるIBM Open Platform (IOP) に加え、エンタープライズ向けに性能やセキュリティを強化した商用版のIBM BigInsightsがあるように。

 ところがホートンワークスはやり方が少し違う。実際の製品を見ていこう。ホートンワークスのHadoopディストリビューションとなるのが「Hortonworks Data Platform(以下、HDP)」だ。データアクセスにはHDFSとYARNをベースにHive、Tez、Pig、Storm、Spark、HBase、Solrなど、データ管理にはAtlas、Falcon、Flume、Kafka、セキュリティにはKnox、Ranger、オペレーションにはAmbari、Zookeeperなど、全てOSSで構成されている。

 OSSはコンポーネントが多種多様あるものの、使いこなすにはスキルを必要とするため敷居が高いという難点もある。そのためディストリビューターは性能強化だけではなく使い勝手をよくした商用製品を提供したり、サポートでビジネスにしていたりする。一方、ホートンワークスのHDPはエンタープライズでの利用を想定しているものの、ソフトウェアを販売するのではなくサポートを契約(サブスクリプション)するという形になっている。規模などでいくつかのメニューに分かれている。

 サポートのサブスクリプションといっても障害対応だけではない。OSSを実ビジネスで使いこなせるようなサポートも含むようだ。Markham氏は「私たちは顧客のビジネス成功に焦点を当てている」と話す。サポートだけではなくコンサルティング的なところも踏み込む。その場合は「プロフェッショナルサービス」となる。

次のページ
ホートンワークスが提唱する「Connected Data Platforms」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:http://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8636 2016/11/10 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング