Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

レノボ、運用をより簡単にするリモート管理機能を標準搭載した新サーバー2モデルを発表

  2017/06/27 16:00

 レノボ・ジャパンは、中小規模ビジネスやリモートオフィス、店舗サーバーに適した「Lenovo ThinkServer TS460」と「Lenovo ThinkServer RS160」を発表した。新製品は、6月27日から販売開始される。

 両モデルは、インテル Xeon プロセッサー E3-1200 V6製品ファミリーを含む最新世代のプロセッサーに加え、ハードウェアのリモート管理機能ThinkServer Management Module(TMM)を搭載し、サーバー画面の遠隔操作、遠隔地からのファームウェア更新などが可能だという。

 ・Lenovo ThinkServer TS460:最大80TB搭載可能なタワー型サーバーハイエンドモデル

 ストレージ容量を最大80TBまで搭載、さらにシステムの機動性を高める最大64GB(DDR4 ECC)メモリー搭載が可能な、コンパクトな筐体ながらも柔軟な拡張性に優れたサーバー。高度な静音設計により優れた静音性を実現し、デスクサイドやオフィス内など、限られたスペースに設置しても、業務を妨げることなくパフォーマンスを発揮する。

 ・Lenovo ThinkServer RS160:ラック型サーバーシリーズの最軽量モデル

 奥行き411mmの小型サイズ、最大重量7kg台のラック型サーバーシリーズ最軽量を実現したモデル。設置場所を選ばず、さらに優れた拡張性に加え、ビジネスの成長に合わせて既存のIT基盤への追加による統合管理を容易にするだけでなく、単体で分散環境に設置するサーバーとしても活用できる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5