デロイト トーマツ リスクサービス、サイバーセキュリティ人材の育成トレーニングプログラムを提供開始:EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デロイト トーマツ リスクサービス、サイバーセキュリティ人材の育成トレーニングプログラムを提供開始

2017/09/14 18:00

 デロイト トーマツ リスクサービスは、サイバーセキュリティ人材の育成トレーニングプログラム「デロイト サイバーアカデミー(Deloitte Cyber Academy)」の提供を、9月14日より開始すると発表した。このプログラムは、経験豊富なサイバーセキュリティのコンサルタントが提供する実践的な人材育成トレーニングを通じて、組織のサイバーセキュリティ強化に向けた体制の構築を支援するという。

 「デロイト サイバーアカデミー」は、従来のような知識重視型の教育プログラムではなく、サイバーセキュリティのコンサルタントとして現場経験を積んだ講師による実践的トレーニングを通じて、サイバーセキュリティ人材の育成を支援するという。組織の状況に合わせて必要なサイバーセキュリティ人材モデルを策定し、オーダーメードのサイバーセキュリティ人材育成トレーニングを提供するサービスだとしている。

サイバーセキュリティ人材育成支援サービスの主な特徴

  • 組織の業種や規模、システム構成等に鑑み、組織に必要な人材モデルを検討し、採用や育成の中期計画を策定
  • 組織の人材育成計画に整合させたトレーニングをオーダーメードで開発
  • 実践豊富なコンサルタントが、セキュリティ対策プロジェクトと連携したトレーニングを実施
  • 「デロイト サイバーアカデミー」は、デロイト グローバルのトレーニングカリキュラムをベースに構成

サイバーセキュリティ人材育成支援サービス概要

 このサービスでは、組織ごとに合わせて「コンサルティング」を行い、それをもとにカリキュラムをカスタマイズした「トレーニング」を「デロイト サイバーアカデミー」として実施する。

 ■コンサルティング

 現在のサイバーセキュリティに係る組織体制を分析し、さらなるサイバーセキュリティ強化に向けた体制構築および人材モデルの策定を支援する。

 ・人材スキルフレームワークを活用し、策定したサイバーセキュリティ人材モデルに求められるスキルを分析し、人材育成に向けたスキルマップを作成する。

 ・最先端のサイバーセキュリティに係る動向や組織体制の他社事例等を活用し、サイバーセキュリティ強化に向けた人材モデルを策定。また、必要に応じてサイバーセキュリティ対策組織の構築を支援する。

 ■トレーニング

 組織ごとのコンサルティングをもとに、オーダーメードの人材育成トレーニングを提供する。

 ・策定したサイバーセキュリティ人材モデルや組織体制に合わせてフレキシブルに対応し、グローバルベースのコンテンツ「デロイト サイバーアカデミー」を活用したトレーニングメニューを、組織ごとに作成し提供する。

 ・基礎的なトレーニングから演習を用いた高度なトレーニングまで、幅広いトレーニングコンテンツを提供。経営層や実務者層だけでなく、経営層と実務者をつなぐ橋渡し人材層の育成も可能。

 ・セキュリティ対策支援のコンサルティングサービスと連携して、必要な人材育成を実施することも可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5