Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本CA、特権IDアクセス管理ソリューションを提供開始――ハイブリッドクラウド環境でのID管理を強化

2017/10/06 06:00

 日本CAは2017年10月4日、不正アクセスを防止する特権IDアクセス管理ソリューション「CA Privileged Access Management(PAM)」の提供を開始すると発表した。オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境のいずれでも利用できるのが特徴。

 同製品は、2015年8月に買収した米Xceediumの特権ID管理製品「Xsuite」がベースとなっている。発表に登壇した日本CA社長の反町浩一氏は、「今後3年で1000社の導入を目指す」としている。

日本CA社長の反町浩一氏
日本CA社長の反町浩一氏

 PAMは、特権ID/特権アクセスにおける不正行為の防止や、コンプライアンスの遵守、ハイブリッドクラウド環境の安全確保、運用効率の向上機能を提供する。ターミナルアクセスのプロキシサーバ(ゲートウェイ)で、エージェントをインストールせずに利用できる。

「CA Privileged Access Management(PAM)」が提供する機能
「CA Privileged Access Management(PAM)」が提供する機能

 従来のデータセンターのリソースに加え、仮想化データセンター、プライベート/パブリッククラウド、仮想化環境、IaaS/SaaSといった環境での特権ID/特権アクセス管理を網羅する。具体的には、クレデンシャル管理、認証の一元化、IDフェデレーション、特権IDのSSO、ロールベースアクセス管理、ポリシーの強制とロギング、セッション録画とメタデータ記録、アクセス権のコントロールといった機能を提供する。

 CA Technologiesでセキュリティ・ソリューション営業部部長を務める四宮康典氏は、「4000の同時セッションの録画が、1つのコンポーネントで実現できる。さらに、振る舞い検知機能『CA Threat Analytics for PAM(TAP)』と自動連携することで、ユーザーアクティビティを分析し、セキュリティ侵害を能動的に検知して阻止する」と説明する。なお、TAPはオプションで提供される。

CA Technologiesでセキュリティ・ソリューション営業部部長を務める四宮康典氏
CA Technologiesでセキュリティ・ソリューション営業部部長を務める四宮康典氏

 アクセス制御では、コマンドとソケット・フィルタリング、許可されたアクセス以外をすべて拒否する「ホワイトリスト」の採用、 特権アクセス権限の付加、ポリシー違反アクセスを遮断などの機能を提供する。またアクティビティのモニタリング・記録・監査では、SIEM(Security Information and Event Management)専用機との連携が可能になるとのことだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • Security Online編集部(セキュリティ オンライン ヘンシュウブ)

    Security Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供する企業セキュリティ専門メディア「Security Online」編集部です。ビッグデータ時代を支える企業セキュリティとプライバシー分野の最新動向を取材しています。皆様からのセキュリティ情報をお待ちしております...

  • 鈴木恭子(スズキキョウコ)

    ITジャーナリスト。 週刊誌記者などを経て、2001年IDGジャパンに入社しWindows Server World、Computerworldを担当。2013年6月にITジャーナリストとして独立した。主な専門分野はIoTとセキュリティ。当面の目標はOWSイベントで泳ぐこと。

バックナンバー

連載:Security Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5