Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 西脇 資哲(ニシワキ モトアキ)

    マイクロソフト株式会社 テクニカル・ソリューション・エバンジェリスト。

     

    IT業界屈指のカリスマプレゼンター/デモンストレーター。

    日本オラクルで10年以上製品のマーケティングを担当。基本的にインターネット関連製品に軸足を置いている。パッケージソフトウェア開発経験、ISP起業経験あり。

    特技は弁当解説。趣味はカレー。

    日々のつぶやきはこちら https://twitter.com/waki


執筆記事

  • 2015/07/31

    エンタープライズ向けに食べやすく断片化された状態でリリースされた焼き菓子、ほか【2015年7月~】

    エバンジェリスト西脇資哲さんが最新IT用語を駆使しておおよそ140文字でつづる、日々のごはんの記録。7月はドメスティックでありながらもワールドワイドな展開を見せております。最新IT用語の使い方、プレゼンスキルアップ、目の保養、食のアンテナ等にお役立てください!

  • 2015/06/30

    ハッシュ状態が新鮮なまま丸くアーカイブされた牛肉のタルタル、ほか【2015年6月~】

     IT用語を使って使って使い倒せ!それはさておき腹へった!――唐突にはじまりました本連載、エバンジェリスト西脇資哲さんが最新IT用語を駆使して140文字でつづる、日々のごはんの記録です。IT用語の使い方、華麗な語り口にご注目。エバンジェリストは普段からこんなにいいものを食べている表現力を研磨しているのです。目の保養に、プレゼンスキルアップにお役立てください!

  • evangelist_arena.jpg
    2012/02/09

    近未来ワーカーは作れる!―ホログラムキーボードで広がるワークスタイル

    吾輩はエバンジェリストである。エバンジェリストたるもの、華麗にセクシーにクールにおちゃめに物ごとをなしえなければならない。そのためには、最新のテクノロジーには敏感に、常に最新のガジェットを身にまとうことが重要である。

  • evangelist_arena.jpg
    2012/01/05

    「いまどうしてる?」―エバンジェリストのプレゼンス

    プライベートでは吾輩がどこで何をしているかは知られたくはない。どこで買い物をしていようが、夜更かしをしようが、お昼ぐらいまで寝ていようがそれを晒すことはしたくない。しかし、仕事となると別である。仕事をしている間は、重要な相手とはコミュニケーションをとる必要がある。コミュニケーションの主流はメールだろうか・・・、いや、これからはますますリアルタイムメッセージが主流になるのは間違いない。そのリアルタイムメッセージのスタート地点であるプレゼンスについて考えてみよう。さて、吾輩は今、どこでなにをしている...

  • evangelist_arena.jpg
    2011/11/10

    スイッチャー、それは最良の選択

    我が輩はエバンジェリストである。エバンジェリストである我が輩の荷物の中にはデモンストレーション用のPCはもちろんのことながら、電源延長ケーブル、ネットワーク機器などのほかに、これまでも紹介してきたUSBカメラや書画カメラなどが含まれている。特にスマートフォンなどのスマートデバイスを使った説得力のあるデモンストレーションには、USBカメラや書画カメラは必須である。そして、もうひとつ、我が輩の荷物の中で重要な物がスイッチャーである。

  • evangelist_arena.jpg
    2011/10/03

    コントローラを捨てろ、そこからすべてがはじまる

    エバンジェリストたるもの、自分が接する機器は完璧に操ることができなければならない。新しいスマートフォンであるWindows Phoneしかり、iPadやiPhoneしかり、デジカメしかり、マウスしかり、テレビしかり、炊飯器しかり。しかし、時にはその機器は吾輩の意志に反して思い通りにならないことも多い。そう、炊飯器がお焦げを作るように…

  • evangelist_arena.jpg
    2011/08/19

    これからAC電源アダプタの話をしよう

    「どこでも、いつでも仕事ができる、プレゼンテーションができる、デモンストレーションができる」を標榜する我輩にとって、インターネット接続の獲得は重要なテーマであることは以前にもお伝えした。もうひとつ重要なテーマはやはり、電源の獲得である。幸いなことに世界中どこに行っても電源を獲得するのは容易になってきた。震災後も「電気」の復旧速度はすさまじい。

20件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5