Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Oracle Cloudならではの活用法からおすすめポイントまで アシスト関氏とオラクル小田氏を交えて

edited by DB Online   2018/03/20 06:00

 オラクルが提供するパブリッククラウドサービスが「Oracle Cloud」。オラクルならではの特徴があり、最大限活用するためのコツやしっておくべきことがある。実際の顧客現場を知る二人が、谷川氏からの懸念や質問に回答する。

クラウドへの抵抗感はほぼ消えてきた――Oracle Cloudならではの活用法

cap

DBオンライン チーフキュレーター 谷川耕一

谷川:ここではクラウドサービスをどのように活用していくかについて話していきます。まずはデータベースとの関わりなど、自己紹介をお願いします。

関:アシストの関です。入社して10年以上Oracle Databaseに携わり、最近ではOracle Cloud一本です。

cap
アシスト 関俊洋氏

小田:日本オラクルの小田です。入社して20数年。Oracle Database、OS、ストレージ、ネットワークなどの仕組みに関する本も書いています。最近のコンサルティングではプラットフォームビジネスにも関わり、実案件を見ています。

cap

日本オラクル 小田圭二氏

谷川:最近ベンダーの動きを見ると、ますますクラウド化が進んでいるのが感じ取れます。数年前までの感覚だと、「データベースはトランザクションがあるからクラウドに持っていくなんてアホじゃないのか」という雰囲気だったのに、クラウドベンダーが次々にデータベースサービスを出し、いつのまにかクラウドでデータベースを動かすことに抵抗感がなくなってきている感触があります。

関:最近ではシステム更改や新規構築に「クラウドであること」あるいは「クラウドを見据えた構成であること」という要件が入ってきています。

小田:お客様や要件次第ですが、最近ではクラウド前提は珍しくありません。

谷川:ミッションクリティカルだとレスポンスや性能で不安感とかはありませんか?

関:弊社でクラウドのお悩みというのを調べてみました。「レスポンスが悪い」もありますが、「チューニングの仕方がわからない」なども見受けられます。その辺りのケアも必要だと感じています。

クラウド悩みの「リアル」
クラウド悩みの「リアル」

谷川:サーバーが雲の向こうだとレスポンスはいかんともしがたい。だいぶ解決できてきてるのでしょうか。

小田:解決できるものもあれば解決できないものもあります。解決できないものというのはネットワークがらみです。

関:ぼくは小田さんの本で勉強した世代なので小田さんの表現を借りると「アーキテクチャから考えろ」。クラウドに当てはめると、見える部分から迫り、勘どころを探ります。

谷川:オラクルだとオンプレもクラウドも基本的にはアーキテクチャは同じなので、ノウハウはそのまま使えるとされています。にもかかわらずチューニングの悩みが出るのはクラウドなりのチューニングの方法や作法があるのでしょうか。

関:一般的なクラウドだと性能が不足したらリソースを足すアプローチが多いですが、Oracle Cloud だと機能の使いこなしで解決できることもあります。

谷川:「金で解決すればいい」とは違うのですね。

関:PaaSのデータベースならEnterprise Editionのオプション機能が全て入っているので、ライセンスの問題でオンプレでは使えなかった機能が使えたりします。性能に有利な機能を使えば当然処理は速くなります。

小田:クラウドだとプラスアルファで必要な知識が出てきます。シェイプをどうするか、ストレージ周辺が違うのでバックアップをどうするか。今までのノウハウに加え、クラウドならではの考慮や新たなパターンがありえます。

関:昨年末ぐらいから実稼働案件が増え、ノウハウもたまってきています。

SaaS、PaaS、IaaSを組み合わせる時に有利――PaaSなら機能全部入りでお得感も

谷川:クラウドといっても、オラクルならPaaSやIaaS、ライセンス持参などいろいろあります。小田さん、整理してもらってもいいですか。

小田:大きく二つ。既存システムをクラウドへ持っていくパターンと、新規システムをクラウドで構築するパターンです。既存ならリフトアンドシフト。IaaSへシステムを移行し、その後でPaaSを活用するなど。新規だと最初からPaaSがやりやすいです。

journey to the Cloud
Journey to the Cloud

谷川:オンプレからIaaSへ移行する場合、ソフトウェアはいいとして、オンプレでやっていたバックアップとか可用性構成(RAC:Oracle Real Application Clusters)とかはどうですか。

関:ほとんどのお客さまが「できるだけ構成は変えたくない」と考えています。しかしどうせクラウドに移行するのだから、バックアップはデータベースのバックアップサービスを使うなどをおすすめしています。

谷川:これまではハードウェアを更新するタイミングで観念してOSやソフトウェア構成を変えることができました。IaaSではハードウェアの拘束から解き放たれていいのですが、一方で、ソフトウェア構成が塩漬けになってしまうのではという懸念があります。

関:確かにIaaSだと塩漬けの懸念もありますが、まずはクラウドに安全に持っていく。そこからその後の可能性を考えていただくのもいいのかなと思っています。

小田:お客様の要件やニーズとしてIaaSに乗せざるを得ないケースが結構あります。僕はジャーニーだと思っていて、まずはクラウドへ、それから少しずつ前進する。

谷川:クラウドにリフトしてから徐々にシフトしていくというイメージですか?

小田:今までのエンタープライズシステムはそれが苦手でした。チャレンジしていきたいと思っています。

谷川:もう一つ、エンジニアのスキルも懸念しています。手元にあったときはサーバーやストレージがあり、目の前で見ることができました。しかしクラウドではData GuardもRACもチェックすればできてしまいます。高可用性機能をどう実現するか実感できず、エンジニアのスキルを上げる機会を損ねてしまうのではないでしょうか。

関:ぼくも見たい派です。この間「ダンプを見たい」と言ったら「それは見られない」と言われまして(笑)。転換期に来ているのかなと思っています。Autonomous Databaseはその最たる例で、見ることをやめると新しくできることもあります。ただオラクルのクラウドは管理者権限をくれるので比較的見える方だと思います。Oracle Cloudだと見つつ任せることができます。

小田:補足すると、クラウドだとサポート問い合わせが変わります。楽する以上は割り切りも必要かと思います。そうしないとコストは下がりません。一方でディープに知る人も必要で、エンジニアは二極化していくと思います。

谷川:懸念ばかりでしつこいですが、障害時にベンダーしか解決策が分からなくて、ユーザーはただ回答を待つ場合もあります。それだとミッションクリティカル系などクラウド(IaaS)に乗せられないという懸念もあるかと思います。その辺はどうでしょう。ハイブリッドクラウドとか使い分けでしょうか。使い分けで主に考慮する点はありますか。

小田:運用やセキュリティ、あと距離ですね。システム間連携でどのような距離になるか。距離があると時間がかかります。アプリケーションサーバーとデータベースサーバーを生き別れさせてしまうような構成は難しいと思います。

谷川:ハイブリッドの提案とかはされますか?

関:結構やってます。オンプレミスでデータベースを運用しているお客様で、バックアップや災害対策だけクラウドに持って行きたいなど。こうしたご依頼は多いので、勝手に速度検証ツールを作り、お客様の環境からOracle Cloudまでのスピードを示して導入の判断に役立てています。昨年国内にデータセンターができて、スループットは結構よくなりました。

谷川:オラクルのPaaSのいいところは?

関:システムの特性にもよりますが、PaaSは止めている間はお金がかかりません。 例えば帳票を出す時だけなら、PaaSがいいですね。あとあまり新しく覚えることがない。私はOracle Databaseは8からですが、PaaSになり新しく覚えることはほとんどありませんでした。そこは楽です。

小田:ライセンス的に有利なところもあります。また、実案件でIaaSのOracle DatabaseとPaaSのOracle Databaseを比較したところ、PaaSだと最適化され性能に有利につながったことがありました。

谷川:先ほど関さんが指摘していましたが、オプションで使えるものが増えて性能に有利になるということですね。下手するとオンプレより性能が出てしまいますか?

関:パーティショニングや圧縮とかだいぶ変わると思います。

谷川:SEライセンスだとないですもんね。

移行時のコツ、国内データセンターや「at Customer」のおすすめどころ

cap

谷川:PaaSで改善してほしいというところはありますか?

関:リーズナブルに使えるRACがあるといいですね。PaaSだとEnterprise Edition - Extreme Performanceという上位エディションでしかRACを使えなかったりします。

小田:それならユニバーサルクレジットを検討してみてください。もしかしたらEEのRACが組めてしまうかもしれません。あとクラウドではインスタンスが落ちても別のマシンにスイッチします。RACほどではないにせよ一定の可用性があり、これで十分な場合もあります。可用性要件を洗い直すことをおすすめします。

谷川:PaaSの推奨事項や成功パターンはありますか?

関:お客さまが何をしたかったか明確だと成功しやすいです。「この機能を使いたかったけど、今までライセンスの関係で使えなかった」など。ハードウェアの部品交換や障害対応など「今まで人手でやっていたがクラウドで不要にしたい」。そういうのが見えていると成功しやすいです。

小田:SaaSを活かしつつだとPaaS、IaaSは面白いかなと思います。SaaSはサービスとして買うのでいじれないけど運用面で良さはある。必要な機能を考えるとPaaS、IaaSを使わざるを得ないこともありますが、オラクルだと連携しやすいです。例えばID連携とか、ある程度の組み合わせは想定されていますので。

谷川:あとデータ移行。オンプレで業務システムを稼働していて、Autonomous Databaseのデータウェアハウスサービスを使おうとしたら、まずはデータ移行が課題になると思います。

関:データだけではなく、バージョンもケアする必要があります。データは一度に移行もできますし、Golden Gateを使うこともできます。最近ではデータ移行はユーザーさんだけでできてしまうこともあり、それだけカジュアルになってきたと思います。後は(処理にかかる)時間ですね。

谷川:バージョンを合わせなくてはいけないとは?

関:ユーザーさんが今どのバージョンを使ってるのかをアシストで調べました。ダントツで11g R2です。 2020年までサポート(Extended Support)があるので。

DBバージョンのリアル
DBバージョンのリアル

谷川:先ほどの話だと11g R2なら18cにあげられるというので、ほとんどのケースは大丈夫ですね。

小田:バージョンやOSで「これでなくてはいけない」要件があれば、早めに確認する必要があります。後で言われても困ってしまいますので。

谷川:そういうことがあるんですね。まだ純粋ではありませんが、日本にもオラクルのデータセンターができました。さらに先週、オラクルは「時期は未定」としながらも改めて国内にデータセンターを作ると発表しました。期待できますね。

関:この中でオラクルの国内データセンターを試した方はいますか?いない?ぜひ使ってみていただきたいです。IO周りの性能とかいいです。試していただけると実感できると思います。

谷川:国内データセンターについて、小田さんからのおすすめはありますか?

小田:富士通さんとの協業であること、太平洋を越えることがないので当然近くてレスポンスが違うこと、データを国内におけるのでお客さまの会社のルールをパスできることです。新しいデータセンターはいつから利用可能か決まっていませんので、今使えるものをどんどん使っていただきたいです。開発環境はもちろん、本番環境で使われてる方もいます。

谷川:これまで色々と話してきて、クラウドはデータベースを動かす場所として問題ないかなと感じてきています。今後どういう風に発展して欲しいでしょうか。

関:18cやAutonomous Databaseと関連して、既存のデータベースの移行しやすさが重要かと思います。他のデータベースやクラウドサービスからの移行ツールがあるといいですね。他のクラウドベンダーが力を入れてるところなので。期待しています。

谷川:あったら使ってみたいですか?

関:本当に持ってこれるのか確認したいです。

谷川:小田さんは?こういうところが面白くなりそうだとか。

小田:SaaS、PaaS、IaaSの組み合わせを段階的に進められるところがクラウドならではと思います。日本の新しいデータセンターも含めて、品数が増え、構成パターンも増え、オラクルならではの世界や価値が出せると楽しみにしています。

谷川:Oracle Cloudでお勧めはありますか。

関:Oracle Cloudのいいところは、行くだけではなく、戻ることもできます。オラクルだとライセンスを保有しているお客さんが多くいます。クラウドのPaaSにライセンスを持ち込んで使ってみて、問題があれば戻ることもできます。まだ戻った事例を聞いたことがありませんが、道が用意されてるのは安心材料になると思います。

谷川:今日はあまり話題にしていませんが、オラクルのクラウドだと「Oracle Cloud at Customer」もありますよね。それも含めておすすめを教えてください。

小田:確かに「Oracle Cloud at Customer」は話してなかったですね。大手のお客様で、「統合基盤を検討していて、でも自分のデータセンターからは出したくない」ところからの引き合いが多いです。クラウドのソフトウェアを使いつつ、お客様のところで稼働できるところがおすすめです。

谷川:ただ「Oracle Cloud at Customer」はお金がかかるイメージがあります。一概には言えないと思いますが、規模感としてどのくらいが適切でしょうか。

小田:売り方のモデルを見ればわかると思いますが、Exadataのモデルに近い体系があるので、Exadataを使う規模感とイメージしていいかと思います。サーバー数が100以上など数が多いところ、あるいは大きなデータベースを使うところもあります。

谷川:パブリッククラウドと似た使い方ができると考えていいですか。

関:感覚的には同じです。

谷川:先にパブリッククラウドで慣れておいて、本番環境は「Oracle Cloud at Customer」というのもありでしょうか。

小田:ありです。お客さまの環境でOracle Cloudを動かすので、サービス的な発想が必要になります。Exadataとはちょっと違います。パブリッククラウドを先に経験しておくと考えがつかめると思います。特に技術者は取り組むべきだと思うので、試してみてもらいたいと思います。

谷川:会場の皆さんもぜひ使ってみてください。文句も含めてフィードバックをオラクルにあげて、手が足りなければアシストさんに頼むのもいいでしょう。これでお話を終わりにしたいと思います。ありがとうございました。

著者プロフィール

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5