Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「FASTなITを考えたらクラウドのデータベースサービスが生まれた」―サイボウズkintoneはここまで簡単だ!

edited by DB Online   2012/04/04 00:00

サイボウズ株式会社ビジネスマーケティング本部 kintone プロダクトマネージャーの田村悠揮氏は、欲しいときにすぐ手に入る、それもお手頃価格で。FASTファッションやFASTフードと同じコンセプトを、ITシステムでも実現できないか。そこから生まれたのが、クラウドデータベースサービスのkintoneだと説明する。

kintoneがFASTなITサービスであることは使ってさえもらえれば実感できる

サイボウズ株式会社ビジネスマーケティング本部 kintoneプロダクトマネージャーの田村悠揮氏
サイボウズ株式会社
ビジネスマーケティング本部
kintoneプロダクトマネージャー
田村悠揮氏

 「kintoneのコンセプトは、FASTシステムです」

 そう宣言するのは、サイボウズ株式会社ビジネスマーケティング本部 kintoneプロダクトマネージャーの田村悠揮氏。欲しいときにお手頃価格ですぐ手に入る、FASTファッションやFASTフードと同じコンセプトをITシステムでも実現できないかという発想から生まれたのが、クラウドデータベースサービスのkintoneだ。

 kintoneの開発プロジェクトは4年ほど前から始まった。サイボウズにはWebデータベースのデヂエがある。デヂエはお手軽Webデータベースということで、エンタープライズでの部門やSMBの利用がほとんどだ。 より簡単ですぐに使えるものをと考えた結果、kintoneというクラウドのサービスとなった。クラウドならばインストールやセットアップが必要ないのですぐに利用できる。kintoneは、現在は部門での利用が多いが、ゆくゆくはエンタープライズで全社インフラとしてNotes乗換なども想定している。

 「クラウドであれば、常に最新のものをユーザーは使えます。さらに時代の流れに沿って進化もできます」(田村氏)

 デヂエのノウハウを活かし、よりFASTな仕組みを考えたらクラウドのデータベースサービスになったというわけだ。

 もっとも、Kintoneの前身となるプロダクトの開発をしている時点では、オンプレミスを前提としたWebデータベースアプリケーションだったのだが、最終的にクラウドで勝負することになったのは、社長である青野慶久氏の意向であったという。

 kintoneは簡単にすぐに使えるクラウドのデータベースサービスというだけでなく、プロセス管理機能とコミュニケーション機能を持っていることがその特長だ。業務を「情報のストック(=データベース)」「情報をプロセスに沿って扱う(=プロセス管理)」「人と人のコミュニケーション(コミュニケーション機能)」の3つの要素に分解し、これらを組み合わせることで多くの業務アプリケーションに対応できるというのがサイボウズの考え方である。

 たとえば、外部ライターの協力を得ながらWebの制作を行っている会社の例では、以前は外部ライターとのやりとりはメールを利用していた。何度もやりとりすると、作業は繁雑になり手間が増え、間違えなども発生しやすい。

 「これを、kintoneを使って原稿をアップロードする仕組みに構築しなおしたことで、社外とのやりとりをきちんと管理できるようになり、さらにそこからスムースに社内のWeb制作プロセスに移行できるようになりました。外部と内部のプロセスをスムースに連携できるクラウドならではの効果です」(田村氏)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

バックナンバー

連載:DB Online Monthly Special

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5