Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「DB Online Monthly Special」連載一覧

31件中1~15件を表示
  • 4016_a.jpg
    2012/06/15

    NetBeans IDE のデータベース管理インタフェース

    今回の記事ではNetBeans IDEのデータベースサポートを紹介します。NetBeans IDEを使えばNetBeans 上からデータベースの表の作成、SQLコマンドの実行、データの編集など一連の操作を行うことができます。開発者はIDEの他にデータベース専用のツールを起動する必要はありません。またNetBeansに登録したデータベース接続を使ってコードを自動生成する機能も備えています。JavaやPHPのコードを自動生成しアプリケーションで利用できます。

  • 3999_a.PNG
    2012/06/01

    カジュアルデータベースの雄、FileMakerでできること

    カード型データベースから、最新の技術を取り入れ続けて独自の進化を遂げてきたFileMaker。カジュアルデータベースの特性を活かし、突発的に発生する日々の雑多な業務をシステム化して業務効率の向上を目指しましょう。

  • 3871_a.jpg
    2012/04/04

    「FASTなITを考えたらクラウドのデータベースサービスが生まれた」―サイボウズkintoneはここまで簡単だ!

    サイボウズ株式会社ビジネスマーケティング本部 kintone プロダクトマネージャーの田村悠揮氏は、欲しいときにすぐ手に入る、それもお手頃価格で。FASTファッションやFASTフードと同じコンセプトを、ITシステムでも実現できないか。そこから生まれたのが、クラウドデータベースサービスのkintoneだと説明する。

  • 3863_a.jpg
    2012/04/03

    カジュアルデータベースの魅力を探る―UnitBaseは顧客自身がノンプログラミングで作るWebデータベース!

    DB Onlineではこれまで、OracleやSQL Serverなどエンタープライズ系データベースの話題を数多く取り上げてきた。とはいえ、ビジネスの現場で使われているデータベースは、それらエンタープライズ系のものばかりではない。Microsoft Accessに代表されるような「カジュアルなデータベース」も、数多く活用されているはずだ。そういったカジュアルデータベースの最新動向はいま、どうなっているのだろうか。また、クラウドコンピューティングも登場して普及しつつあるが、それがカジュアルデータベ...

  • 3857_a.jpg
    2012/03/28

    Object Browserのコンセプトは人が疲弊しない開発ツール ―システムインテグレータ 梅田弘之氏

    1995年創業のシステムインテグレータは埼玉県さいたま市に本社を置く埼玉唯一の上場IT企業である。国産初のERPパッケージ「ProActive」を開発していたメンバーが創業し、翌年、国産初のECサイト構築パッケージ「SI Web Shopping」をリリース、業界トップクラスのシェアを獲得してきた実績をもつ。「初物が得意なパッケージ屋、という自信はたしかにあります」と語るのは創業メンバーのひとりで、現在も代表取締役社長を務める梅田弘之氏。以来、数々の国内初パッケージ製品を開発してきた同社だが、も...

  • 3849_a.jpg
    2012/03/23

    「ソースコードは1つ、すべての環境で動くアプリケーション構築環境を目指す」エンバカデロのこだわり

    エンバカデロ・テクノロジーズ日本法人代表の藤井等氏は、多くの企業において開発し利用しているアプリケーションに関する課題は、2つあるという。

  • 3766_a.jpg
    2012/02/16

    マルチデバイス対応からクラウドまで―Microsoftは開発者のあらゆるニーズに応える

    「最近の開発者のニーズとしては、マルチデバイスに対応したいという話をよく耳にします」―日本マイクロソフト デベロッパー&プラットフォーム統括本部 パートナー&クラウド推進本部 パートナーテクノロジー部 エバンジェリストの井上大輔氏は、アプリケーション開発においてはマルチデバイス対応のニーズが急速に高まっていると言う。iPhoneやAndroid端末、さらにはWindows Phoneも登場し、それらさまざまな端末で利用できるアプリケーションを作りたい。とはいえ、それぞれの端末に対...

  • 3729_a.jpg
    2012/01/23

    エンジニアから見たOracle Database Applianceの特徴とは?

    複雑に構成されたシステムの課題に対して、登場したのがOracle Database Applianceです。ソフトウェア・ハードウェア、さらにはクラスタ等の構成まで、事前構成済の状態で使用可能な製品です。エンジニアの観点から、その特徴を見ていきましょう。

  • 3680_a.jpg
    2012/01/16

    1万秒が1秒になれば世界は変わる - SAPジャパン 馬場氏に訊く、HANAの速さがもたらすものとは

    現在、各ベンダからいくつものインメモリソリューションが発表されているが、その中でも独SAPが擁する「SAP HANA」は"破壊的(disruptive)な高速性"を前面に出し、競合との差別化を狙っている。HANAは今後、SAP ERPのバックエンドを置き換える存在としても注目されているが、SAPはHANAを同社製品ポートフォリオのどこに位置づけようとしているのか。国内でのHANAビジネスを統括するSAPジャパン リアルタイムコンピューティング推進本部 本部長 兼Co-Inno...

  • 3690_a.jpg
    2012/01/04

    マイクロソフトのインメモリ戦略はまずはSQL Serverの中から

    システム上で広大なメモリ空間が、比較的安価に利用できるようになった。その結果、データベースベンダー各社はそれを利用して大幅な性能向上を図る、新たな製品や機能の提供を加速している。SQL Server 2012のリリースが迫っているマイクロソフトでは、このインメモリという領域をどう捉えているのだろうか。日本マイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部 クラウド&アプリケーションプラットフォーム製品部でSQL Server製品を担当しているエグゼクティブプロダクトマネージャの北川 剛氏に話を...

  • 3645_a.jpg
    2011/12/12

    情報の「金庫」、データベースを守れ/標的型攻撃に対して「真ん中」を守ること

    「標的型攻撃」については、「電子メールによる攻撃」というイメージが強いのですが、厳密には電子メールだけではなく、USBなどの外部記憶媒体、外部のダウンロードサイトのソフトウエアなど多くの攻撃経路が存在します。また従来から行われているソフトウエアの脆弱性を突く攻撃をはじめとしたさまざまな種類の攻撃も、特定の企業・組織に絞って執拗に行う場合「標的型攻撃」であると言えます。

  • 3598_a.jpg
    2011/12/05

    データベース暗号化の「真実」とトークナイゼーションの「嘘」(後編)

    数々の情報漏えい事件が相次ぐ中、企業はデータベース(以下DB)のセキュリティ見直しが即急の課題となっている。DBセキュリティと言えばWeb/Appの脆弱性対応やDBそのものの暗号化、適切なアクセス制御などが挙げられるが、その中でもDBの暗号化についてはその技術的な障壁から敬遠され、一般的には正しい暗号化とは何なのか、何をすればよいのかが理解されないまま、暗号化の考慮ないし導入が検討されている。情報漏えいに対する抜本的対策であるDB暗号化に関する正しい知識と運用ができなければ、効果的な情報漏えい対...

  • 3604_a.jpg
    2011/11/29

    重み増すデータベースの監査機能/必要なセキュリティ機能はSQL Serverにすべて揃っている

    こ最近、データベースシステムの案件では、監査ログをきちんととれるかどうかということが、要件としてよく挙げられます。」日本マイクロソフト サーバープラットフォームビジネス本部 クラウド&アプリケーションプラットフォーム製品部でSQL Server製品を担当しているエグゼクティブプロダクトマネージャの北川 剛氏は、データベースシステムのセキュリティ要件として、監査への対応を求められることが多いと言う。いつ、誰が、どういう手法でデータベースにアクセスしたのか。その記録を、監査に耐えうるような形できちん...

  • 3597_a.jpg
    2011/11/28

    データベース暗号化の「真実」とトークナイゼーションの「嘘」(前編)

    数々の情報漏えい事件が相次ぐ中、企業はデータベース(以下DB)のセキュリティ見直しが即急の課題となっている。DBセキュリティと言えばWeb/Appの脆弱性対応やDBそのものの暗号化、適切なアクセス制御などが挙げられるが、その中でもDBの暗号化についてはその技術的な障壁から敬遠され、一般的には正しい暗号化とは何なのか、何をすればよいのかが理解されないまま、暗号化の考慮ないし導入が検討されている。情報漏えいに対する抜本的対策であるDB暗号化に関する正しい知識と運用ができなければ、効果的な情報漏えい対...

  • 3590_a.jpg
    2011/11/22

    入り口からの侵入を止められないなら出口を固めよ― LAC 新井氏に訊くこれだけはやっておきたいデータベースセキュリティ

    ラックホールディングス サイバーセキュリティ研究所 主席研究員を務める新井悠氏はセキュリティ業界ではその名を知らない人がいないほどの著名人である。同氏は毎年末、報道関係者に対してその年に起こった情報セキュリティ脅威について総括するイベントを開催している。そしてこの2011年は11月初旬時点ですでに「ネタがありすぎで、トピックを絞るのが大変です(笑)」と同氏に言わしめるほど、さまざまなサイバー攻撃が社会問題化した年でもあった。今回、新井氏に2011年に起こったセキュリティインシデントの中から、デー...

1~15件(全31件)
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5