SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Online Monthly Special

マルチデバイス対応からクラウドまで―Microsoftは開発者のあらゆるニーズに応える

「最近の開発者のニーズとしては、マルチデバイスに対応したいという話をよく耳にします」―日本マイクロソフト デベロッパー&プラットフォーム統括本部 パートナー&クラウド推進本部 パートナーテクノロジー部 エバンジェリストの井上大輔氏は、アプリケーション開発においてはマルチデバイス対応のニーズが急速に高まっていると言う。iPhoneやAndroid端末、さらにはWindows Phoneも登場し、それらさまざまな端末で利用できるアプリケーションを作りたい。とはいえ、それぞれの端末に対応したネイティブアプリケーションを作るとなると、それは相当な手間となるのが現実だ。

マルチデバイス対応の開発ニーズが高まっている

日本マイクロソフト デベロッパー&プラットフォーム統括本部 パートナー&クラウド推進本部 パートナーテクノロジー部 エバンジェリスト 井上大輔氏
日本マイクロソフト
デベロッパー&プラットフォーム統括本部
パートナー&クラウド推進本部
パートナーテクノロジー部 エバンジェリスト
井上大輔氏

 「最近の開発者のニーズとしては、マルチデバイスに対応したいという話をよく耳にします」

 ―日本マイクロソフト デベロッパー&プラットフォーム統括本部 パートナー&クラウド推進本部 パートナーテクノロジー部 エバンジェリストの井上大輔氏によると、アプリケーション開発においてはマルチデバイス対応のニーズが急速に高まっているという。

 iPhoneやAndroid端末、さらにはWindows Phoneも登場し、それらさまざまな端末で利用できるアプリケーションを作りたい。とはいえ、それぞれの端末に対応したネイティブアプリケーションを作るとなると、それは相当な手間となるのが現実だ。

 「それぞれのネイティブアプリケーションを作るほどの体力はない。であれば、HTML5やJavaScriptを使ったWebアプリケーションで対応する、という話に落ち着くことも多くあります」(井上氏)

 Microsoftが提供するVisual Studioは、C#やVisual Basicなどを利用しオンプレミスのWindowsネイティブアプリケーションを構築するもののイメージが強い。なので、HTML5やJavaScriptを使ったWebアプリケーション構築の際には、開発環境としてVisual Studioが挙がることはあまりない。

 「じつはVisual StudioはWebアプリケーションの構築のための機能も、かなり充実しています。そのことについては、Microsoftとしてもまだまだ訴求が足りていませんが、最新のVisual Studio 2010では、すでにHTML5/CSS3が利用できます。。HTML5/CSS3のコーディングからデバッグまで、基本的なHTML5の開発環境として利用するだけでなく、Visual Studioを使うことでHTML5/CSS3の技術習得のサポートも可能です」(井上氏)

 また、マルチデバイス対応としては、Windows Phone対応への関心も高まっている。Androidは端末のバラエティも多く、OSバージョンも複数ある。さらに端末ごとにメモリ容量なども異なるため、これらを考慮した上で安定した動作を保証するネイティブアプリケーションを開発するのはかなり苦労する。その結果、iOSとWindows Phoneのアプリケーションにターゲットを絞っているベンダーも出てきているという。

 Windows Phoneの開発環境となるVisual Studio 2010、Expression Blend 4、XNA Game Studio、Windows Phone Emulatorは、すべて無料で提供されている。

 「通常のアプリケーションは、基本的にSilverlightの技術で開発できるので、従来のWindowsアプリケーション開発のスキルがそのまま生かせることも、Windows Phoneが支持されている理由の1つだと思います」(井上氏)

次のページ
クラウドもオンプレミスも、アプリケーションもデータベースもVisual StudioさえあればOK

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Online Monthly Special連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3766 2012/02/16 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング