SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Online Monthly Special

エンジニアから見たOracle Database Applianceの特徴とは?


複雑に構成されたシステムの課題に対して、登場したのがOracle Database Applianceです。ソフトウェア・ハードウェア、さらにはクラスタ等の構成まで、事前構成済の状態で使用可能な製品です。エンジニアの観点から、その特徴を見ていきましょう。

複雑に構成された高可用性(HA:High Availability)システムの課題とは?

 企業情報システムで求められる非機能要件として、性能・可用性・拡張性・セキュリティといった要件があり、通常のシステム構築では、この要件に基づいて、ハードウェア・ソフトウェアの設計・導入・テストといった工程を行います。

 企業情報システムで求められる非機能要件を満たすためには、特にデータベースの高可用性構成の検討が重要です。しかし、従来の工法を用いた場合、ハードウェア・ソフトウェアの組み合わせ、3rd Partyクラスタウェアの検討、ソフトウェア間のCertify検討、さらにはシステム・ライフサイクルを考慮したアップグレードの検討など、高可用システムを構成するための検討事項は多岐におよび、そのためにインフラエンジニアは多くの時間を使ってきました。

 また、性能要件に関しても、サーバーやストレージ、ディスクパスなどの各コンポーネント間でのバランスと求められる要件との整合をとる必要があり、ある程度インフラに熟練したエンジニアが検討する必要がありました。

 そして、この検討に不足や誤りがあった場合には、例えば想定外のボトルネックでシステムの性能が出ない、サーバー障害時に本来は別サーバーでサービスが継続できるはずのデータベースがサービス停止してしまった、といった企業情報システムで致命的なリスクにつながる可能性があります。

次のページ
Oracle Database Applianceは、1-BOXの中に高可用性データベースに必要な全てのコンポーネントを同梱

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Online Monthly Special連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

矢木覚(ヤギサトル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3729 2012/02/10 18:32

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング