Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SPSSの追加で予測分析が可能に~IBM Information OnDemand 2009

  2009/12/08 10:00

2009年10月25日より5日間にわたって、米IBMの年次カンファレンス「IBM Information OnDemand 2009」(以下、IOD)が米国ラスベガスで行なわれた。IBMのデータ管理/活用に関するソフトウェア製品による最新ソリューションや関連技術が紹介された。(DBマガジン2010年1月号より転載)

 2009年10月25日より5日間にわたって、米IBMの年次カンファレンス「IBM Information OnDemand 2009」(以下、IOD)が米国ラスベガスで行なわれた。IODは、IBMのデータ管理/活用に関するソフトウェア製品による最新ソリューションや関連技術を紹介するイベントだ。今開催では、2009年7月に買収が発表された統計解析ツール「SPSS」を活用したより高度なデータ分析の有効性が前面に打ち出されていた。さらに、一連の情報管理/活用ソフトウェアを適用した「SmarterPlanet」という新たな取り組みも発表され、先進事例を含めて具体的な内容が紹介された。

IOD製品群にSPSSを追加

 初日の基調講演で登壇した米IBMビジネスアナリティクス&プロセスオプティマイゼーションゼネラルマネージャであるアンブッシュ・ゴヤール氏は冒頭、「IODとは、コンテンツを含むデータのライフサイクルを管理し、そのシステム全体に関わるコストを下げようという取り組み。そしてデータの信頼性を高めて、ビジネスの最適化のために活用すること」と、イベント名にもなっているIODのコンセプトを改めて説明した。

米IBM アンブッシュ・ゴヤール氏
米IBM アンブッシュ・ゴヤール氏

 昨今の厳しい経済環境の中、企業が競合他社に打ち勝っていくには情報の活用が必須であり、そのためのシステム環境を整える必要があるということだ。具体的には、図のような3層から構成されるソフトウェア製品群が提供されている。

 簡単に見ていくと、一番下がデータ管理のレイヤで、コンテンツ管理ツール「FileNet」やデータ管理ツール「Optim」のほか、図にはないがRDBMSのDB2やInformixがある。中段はデータ統合のためのミドルウェア群で、情報統合基盤の「InfoSphere Information Server」やETLツール「InfoSphere DataStage」、マスタデータ管理ツール「InfoSphere Master Data Management Server」などがある。

図:3層のレイヤで提供されるIOD製品群
図:3層のレイヤで提供されるIOD製品群

 上段がBI(ビジネスインテリジェンス)と呼ばれるデータ分析ツールのレイヤで、BI/企業業績管理ツールの「Cognos」と、2009年7月に米IBMによる買収が発表された統計解析ツール「SPSS」が提供される(注1)。

注1

 上段のレイヤにある「ILOG」は、2009年1月に米IBMが買収したビジネスプロセス管理ツールで、今回はじめてIOD製品体系に加わった。

 ゴヤール氏は、「SPSSによって、これまでのIOD製品体系に足りなかった“予測分析”の機能が加わった。CognosとSPSSを使えば、企業の構造化データはもちろん非構造化データまでを対象に、将来予測を含めた高度なデータ分析が可能となる。これによって市場や需要の急激な変化に対して、前倒しの経営戦略が打てる」と自信を見せた。

 なお、IODでは毎回その年の開催キーワードが掲げられるが、今回は「Information-Led Transformations(情報に基づく変革)」というものだった。これを推し進める具体策の1つとして、IBMは「Business Analystics&Optimization」という情報分析の専門組織を設立し、システム関連のR&Dに60億ドル以上の投資をするという。さらに4000名以上の専任コンサルタントが、金融や公共、物流、製造、通信といった業界別にデータウェアハウス(以下、DWH)やデータ管理、データ分析などのソリューションを提案する。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:DB Magazineスペシャル

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5