Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

auのコンテンツ・メディア戦略 プラットフォームの開放による企業とのパートナーシップ強化に活路を見出すau

  2010/01/14 12:20

 11月25日に開催されたmobidec2009。KDDI株式会社の講演では、コンテンツ・メディア本部コンテンツビジネス部長竹之内剛氏が、同社のコンテンツ・メディア戦略について語った(MarkeZineと共同掲載)。

コンテンツ利用は好調、地方でのコンテンツ利用が高まる

 竹之内氏のセッションは、「auがスマートフォンやデータ通信端末について他社より遅れているのは事実だが、利用者のうち7割がパケット定額利用をしており、携帯電話からのインターネットへの接続が非常に増えている」と、auの現状解説からスタートした。

 2009年11月現在、auのパケット定額利用者は全体の7割を超えており、さらなる上積みは現実的には困難だ。しかし、現時点でも「CDMA 1X」サービスを利用するユーザーが2割程度残っており、こうした1Xユーザーが定額制に移行していくと予測されている。

 一人あたりの月間コンテンツ利用額は平均570円と順調に増加しており、早期に600円を目指すという。また、データ通信のARPUは平均月額2270円と確実に上昇している。auのデジタルコンテンツ売上の上位に並ぶのは、着うたフル、ビデオクリップ、ゲームといった堅調な分野。その一方で、急激な成長を見せるのが電子書籍や位置情報、コミュニケーション関連のコンテンツだ。特にコミュニケーションや電子書籍は、20代~30代の女性を中心に売上を伸ばしている。

 竹之内氏が興味深いデータとして示したのが、地域別のコンテンツ利用属性だ。この調査結果によれば、エンタメ、着うた、電子書籍、ゲームの利用額トップはいずれも岩手県。その他のジャンルでも秋田、福島、宮城などの東北を中心に、いわゆる地方での利用率が高い結果となった。例えば東北地方の場合、冬場自宅にいることが多いといった環境面もこうした傾向に関係しているようだ。auでは今後もさらに分析を進め、地域別の施策を行っていくという。

KDDI株式会社 コンテンツ・メディア本部
コンテンツビジネス部長 竹之内剛氏
KDDI株式会社 コンテンツ・メディア本部コンテンツビジネス部長 竹之内剛氏

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 森 英信(モリ ヒデノブ)

    出版物やWeb・モバイルコンテンツの企画制作事業を手がける、株式会社エフエックスビイ代表。最近企画した書籍に『FFmpegで作る動画共有サイト』(毎日コミュニケーションズ)、『Flashでデザイン差がつくBlogサイトの作り方 2nd Edition』(アスキーメディアワークス)、『かんたんPhot...

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5