EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本HP、「HP CloudAgileプログラム」国内展開――NTT ComやIIJらクラウド事業者6社とクラウド推進で協業

  2013/09/05 18:10

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は9月5日、米国と欧州で2011年から実施していたクラウドサービスプロバイダーとの協業プログラム「HP CloudAgileプログラム」を国内において本格展開すると発表した。協業の内容は大きく、マーケティングや営業活動での協調、クラウド基盤やホスティング環境などの技術支援、サービス開発に向けたデモ環境やトレーニング環境の提供の3つ。国内のクラウドサービスプロバイダーとして、NTTコミュニケーションズ、IDCフロンティア、インターネットイニシアティブ、日立システムズ、GMOインターネット、GMOクラウドの6社が参加。今後、パートナーを拡大し、国内におけるHPのクラウド関連製品の浸透を図る。

日本HP、「HP CloudAgileプログラム」を国内において本格展開

写真:左から、日本HP 山口 浩直氏、NTT Com 関 洋介氏、IDCフロンティア 林 眞樹氏、
IIJ 松本 光吉氏、GMOクラウド 唐澤 稔氏、日本HP 松浪 幹生氏

 HP CloudAgileプログラムは、HPがグローバルで推進するクラウドサービスプロバイダー向けのビジネス支援プログラム。パートナーの販売網の拡大やマーケティング、サービス開発などを後方支援することで、パートナーの事業拡大を助け、あわせて、HPのハードウェアやソリューションの拡大を図ることを目的にしている。現在50社のパートナーが参加しており、先行して展開した米国と欧州では、直近1年間で約3000件の案件を展開し、販売実績は約1億ドルに上るという。また、マーケティングのためにHPがクラウドサービスプロバイダーに拠出したファンドの総額は200万ドル規模とのこと。

日本HP 執行役員 
チーフ・テクノロジー・オフィサー
山口 浩直氏

 発表に際し、日本HPの執行役員 チーフ・テクノロジー・オフィサーの山口浩直氏は、HPのクラウドに対する考え方として「HP Converged Cloud」コンセプトがあり、具体的なソリューションとして、OpenStackベースのクラウド構築基盤「HP Cloud OS」、垂直統合型製品「HP CloudSystem」、カートリッジ型の次世代サーバ製品「HP Moonshot」などを展開していることを紹介した。

 「これからのクラウドは、プライベート、マネージド、パブリックなどの間をシームレスにつないでいくことが重要になる。たとえば、プライベートクラウドのリソースが足りなくなったら、パブリッククラウドを利用したり、アプリケーションやデータがハイブリッドクラウド環境で連携したりするようになる。それを実現するためのコンセプトがHP Converged Cloudであり、製品群がHP Cloud OSやHP CloudSystemなどだ」(山口氏)

HP CloudAgileプログラムの説明図

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5