Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

目指すはセキュリティカンパニー 、F5が新社長就任で新しいスタート

2015/06/11 06:00

 F5ネットワークスは、ロードバランサー、負荷分散、アプリケーションデリバリ製品、セキュリティ製品などを提供するベンダーだ。とくにロードバランサーは、世界で5割を超える市場シェアを獲得。そんなF5ネットワークスの日本法人 代表取締役社長に古舘正清氏が2015年5月1日に就任した。就任直後のゴールデンウィークには渡米、米国本社で「日本をこう変えたいとリクエストをして帰ってきました」と古館氏。

Software Defined Application Serviceというコンセプトに共感

 F5ネットワークスの日本法人 代表取締役社長に就任した古舘正清氏
F5ネットワークスの日本法人 代表取締役社長に就任した古舘正清氏

 古舘氏は直近10年はRedHat、Microsoftとソフトウェアの世界にいた。AzureやOpenStackのビジネスを日本で立ち上げるといったことに関わり、クラウドのインフラ部分に携わった。その前のIBM時代はSIとして顧客のアプリケーション構築に関わった。それらの経験から、ITの世界ではアプリケーションとインフラが別々に準備され運用されている問題があると感じる。

 一方で、データセンターの世界ではSoftware-Definedでコモディティ化が進んでいる。ネットワークのハードウェアも標準化が進んでおり、それらを利用していると顧客のデータセンターの差別化も難しい。対してF5では「Software Defined Application Service」という、アプリケーションを起点にインフラをデザインするコンセプトを打ち出している。これは利用するアプリケーションごとに最適なリソースをデザインしていくもの。アプリケーション視点からの次世代インフラ作りだ。

 「アプリケーション視点がもっとも重要だと思いました。つまりインフラがコモディティ化する中、ネットワークのL4から7のレイヤーが重要となります。そこをF5でやるのは、やりがいがあるなと感じました」(古舘氏)

 ネットワークのL4から7のところは、ソフトウェアのレイヤーとして海外では認識されている。しかし日本ではまだそういった認識は少ない。結果的にインフラとアプリケーションは別々に進むことに。これでは変化にも柔軟に対応できないし、管理の手間もかかる。そららの課題に対し顧客のアプリケーション視点からインフラを作るソリューションがF5にはある。なのでこの会社を選んだのだという。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • Security Online編集部(セキュリティ オンライン ヘンシュウブ)

    Security Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供する企業セキュリティ専門メディア「Security Online」編集部です。デジタル時代を支える企業の情報セキュリティとプライバシー分野の最新動向を取材しています。皆様からのセキュリティ情報をお待ちしておりま...

バックナンバー

連載:Security Online Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5