SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アイティフォー、導入から運用までワンストップで利用できるクラウドサービス「IPaC」を提供開始

 従来、同社のパッケージソフトは小売業基幹システムなど一部の製品においてクラウドでの提供を行ってきたが、「CPU、メモリー、ストレージなどの容量を自由に選びたい」「任意の物理機器をクラウド環境に設置したい」「強固なセキュリティーを担保したい」などの要望を受け、それらに対応するクラウドサービスを開始するものだという。

 ・ネットワーク構築、運用までワンストップで

 従来のクラウド対応製品を「IPaC」での提供に切り替えると共に、今後は金融機関向け製品や公共機関向け製品など、要望に応じてクラウド対応製品を順次拡大していくという。今まで同社の製品を導入するにはすでにクラウドに対応している一部の製品を除き、別途オンプレミスやパブリッククラウドで基盤構築をする必要があったが、今後はパッケージ導入からネットワーク構築、運用までを全ておまかせのワンストップで利用できるという。

 ・サーバーリソース容量を自由に選択可能

 「IPaC」は一般的なパブリッククラウドとは異なり、CPUを1コアずつ指定できるなど、メモリー、ストレージ、仮想ルーター、専用回線配線などのサーバーリソース容量を自由に選択できることが特徴。必要な分だけ利用できるため月額コストを最小限に抑えることができる。

 ・任意の物理機器をクラウド環境に設置可能

 クラウド環境に希望の物理機器を設置することができる。これにより柔軟なシステム基盤の構築が可能となる。一般的なパブリッククラウドでは、希望する機器用に別のデータセンターを確保する必要があり、コストが高騰する大きな要因となる。

 ・強固なセキュリティーを実現

 仮想サーバー単位での暗号鍵の設定に対応。カード情報などの機密データも安心して預けられる。要望に応じてPCI DSSへの対応も可能。また、ホスト型ファイアーウォールも採用している。1つの仮想サーバーを丸ごと囲んでフィルタリングする方式で、同じセグメントのサーバーでも許可がない限り相互のデータ通信はブロックされるのでウイルスの拡散防止にも有効。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10415 2018/02/21 15:45

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング