SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本マイクロソフト、Windows Server 2008サポート終了で「サーバー移行支援センター」をパートナー57社と設立

 日本マイクロソフトは、企業のデジタルトランスフォーメーションを推進する上で、従来のWindows ServerやSQL Serverを活用したオンプレミスで運営しているインフラから、クラウド環境の最新インフラへの移行支援を推進している。

 Windows Server 2008は2020年1月14日に、SQL Server 2008は2019年7月9日にサポート提供が終了する。サポート提供の終了後は、サーバー環境への不正侵入、脆弱性が特定される懸念、情報漏えいの危険性などの潜在リスクが増加するため、最新バージョンにアップグレードして、パフォーマンスと効率性をさらに高め、定期的にセキュリティ更新プログラムを適用することを推奨している。

 アップグレードが時間軸の観点、他環境との兼ね合いなどで難しい場合、既存環境への延長セキュリティ更新プログラムを3年間提供する。クラウドプラットフォーム Microsoft Azure 上の仮想マシンを利用する場合は、この延長セキュリティ更新プログラムは無償になるという。

「マイクロソフトサーバー移行支援センター」の取り組み

 1. 2018年8月時点において、全国で稼働するWindow Server 2008の54万台の全てのサーバー移行を支援できるパートナーキャパシティを用意。

 2. APNプレミアコンサルティングパートナー/VMwareソリューションプロバイダプレミアパートナーなどの参画による、Amazon Web Service(AWS)やVMwareの仮想環境などの様々な環境で稼働するWindows Server 2008/R2の移行支援。

 3. 2019年6月末までに、全国で240回7,000人規模の移行支援セミナー(Azure Migration Roadshow)を開催。

 4. 2019年6月末までに移行技術者の4,000名の育成。

 日本マイクロソフトは、今後様々な移行支援施策を展開し、2020年1月までに 現状稼働する54万台 Windows Server 2008の全てのサーバーの最新環境への移行をめざすとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11052 2018/08/08 17:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング