SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

エンカレッジ・テクノロジ、クラウドサービスやアプリケーションの特権ID管理オプション製品の提供を開始

簡単な設定でクラウドサービスやアプリケーションの特権ID管理が可能に

特権ID管理オプション製品の動作のイメージ

 このオプション製品は、次のような設定を行うことで、クラウドサービスやアプリケーションの特権IDのパスワードが隠蔽され、特権ID管理ソフトウェアの提供するワークフロー機能を用いて作業申請をし、承認を得られなければ使用できないようなアクセス管理を実現する。

 ・クラウドサービスやアプリケーションへ特権IDを用いてアクセスするための専用のWindows Server(中継サーバー)を準備し、今回OEM提供を受ける「Password Assistant」を配置、管理したいサービスやアプリケーションの特権IDと中継サーバーのOSアカウントとをSSOで紐づける。

 ・特権ID管理ソフトウェアを使用して、クラウドサービスやアプリケーションの特権IDとSSOで紐づけた中継サーバーのOSアカウントを管理対象とする。

 また、クラウドサービスやアプリケーションの管理作業を録画し、必要に応じて操作内容の確認を行うことが可能になる。(「ESS AdminControl」を利用する場合、操作記録を行うには、別途証跡管理ソフトウェア「ESS REC」が必要)。

企業システムのあらゆる特権IDの管理を実現

 企業のシステムが従来のオンプレミス主体からクラウドサービスへシフトする中、システムの安全担保の要となる特権ID管理は、OSやデータベースなど従来のシステムに加え、クラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaS、およびそれらの管理コンソール)やアプリケーションなど、管理要件が多様化している。

 今回のオプション製品により、特権ID管理ソフトウェアを使ってOS、データベースだけでなく、あらゆるシステム・サービスの特権IDも含めた統合的な管理が可能となり、企業のシステム全体の安全性を高めることが可能になる。

 さらに、この仕組みにエクスジェン・ネットワークスの統合ID管理製品「LDAP Manager」を組み合わせることにより、特権IDのみならず一般ユーザーIDの統合管理も実現することができ、特権ID、一般IDを含めた統合ID管理が実現するとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11591 2019/01/10 14:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング