Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データ保護を徹底してクリーンなデータの利活用を促進、GRCSとトレジャーデータが協業を発表

  2019/11/13 20:00

 企業のリスク、コンプライアンス管理を支援するGRCSは2019年11月13日、英Armの日本法人であるトレジャーデータと個人データのプライバシー管理領域での協業に合意したことを発表した。

 昨今、Webページの訪問履歴などを記録するCookieを活用することで、より高度なデジタルマーケティング活動を推進する企業が増加している。その一方で、昨年施行されたEU一般データ保護規則(以下、GDPR)では、Cookieが個人を識別するオンライン識別子と関連付けられうる個人データとみなされることにより、日本でも透明性のあるデータの取り扱いやルールの整備、管理体制の強化が必要とされている。

 さらに、今後2020年1月に施行予定であるカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)や、2020年内に改正が予定されている日本の個人情報保護法、現在制定に向け審議が進められているeプライバシー規則など、個人のプライバシー保護の観点から世界的に個人情報保護規制強化も進む。

 そこで、企業のリスクおよびコンプライアンス管理の観点から個人データのプライバシー管理を支援してきたGRCSは、マーケティングにおけるデータの利活用を促進するカスタマーデータプラットフォーム(以下、CDP)を提供するArm Treasure Dataと相互の知見を持ち寄ることで企業活動における健全で適切なデータ活用の促進を目指すという。

 協業の取り組みとして、Arm Treasure Dataのクライアントにおけるデータ・プライバシー保護の課題を、当社の「CookiePro」導入支援及びコンサルティングサービスで支援するほか、両社共催でのセミナー「『デジタルマーケティング×プライバシー保護』で競争力を高めるポイント」を、2019年12月10日に東京・千代田で開催するという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5