EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAPジャパンとNTTドコモ、中小・中堅建設企業向けのクラウド統合基幹業務システムを共同で開発へ

  2020/02/18 10:00

 SAPジャパンとNTTドコモは、中小・中堅建設企業向けのクラウド統合基幹業務システム「ランドログERP(仮称)」の共同検討の開始に、2月14日に合意した。

 「ランドログERP(仮称)」の検討は、現在それぞれが独立している工事原価管理・財務会計・販売管理・購買管理・顧客管理といった経営管理情報をクラウド上で一元管理することで、さらなる生産性向上を推進する取り組み。

「ランドログERP(仮称)」が目指しているシステムイメージ
「ランドログERP(仮称)」が目指しているシステムイメージ

 本システムでは、両社が出資するランドログの建設業界向けIoTプラットフォーム「LANDLOG(ランドログ)」が持つIoTデータとの連携を検討。これにより、工事の進捗状況をプロジェクト管理システムや会計システムへリアルタイムに反映し、月中での予算進捗状況も即時確認できる機能の搭載を検討。さらに、建設業界特有の会計機能を「SAP Business One」をベースに追加開発して搭載することで、「ランドログERP(仮称)」を中小・中堅建設企業が導入しやすい価格での提供を目指している。

 「ランドログERP(仮称)」の検討開始にあたって、同システムを試験導入し、生産性向上と働き方改革の実現に向けて、導入効果を定量的に検証・協力してくれる試験導入企業、および、金融・保険・人事・労務システムなど統合・連携するシステムの拡大を目指すパートナーの募集を、「ランドログパートナー制度」を通じて開始する。

 試験導入による効果検証としては、福島県会津若松市の「SAPイノベーションフィールド福島」を活用し、地元建設企業による実証実験についての検討も行う。また、連携パートナーの第1弾として、東京海上日動火災保険と同システムから収集されたERPデータを利用して損害保険引き受けに関するサービスの高度化や保険金支払い業務の効率化、人事・労務システムとの連携などについて検討を開始する予定となっている。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5