SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

KDDI総合研究所、世界で初めて1161次元の符号暗号を解読

 KDDI総合研究所は、暗号解読コンテスト「Challenges for code-based problems」において、1161次元のSyndrome Decoding in the Goppa-McEliece Setting(以下、SD)問題を、世界で初めて解読した。

 解読アルゴリズムの改良ならびに並列マルチスレッド環境に適した最適化を行い、解読処理の約250倍の高速化を達成したとしている。商用クラウドの8台の仮想PCでも、1台当たりの並列数を17,000,000とした解読を行うことで、10の48乗(=1京×1京×1京)通りの候補が存在し、総当たり方式による計算では1億年以上かかる1161次元のSD問題の解読を、約375時間で成功したという。

 本成果は、次世代公開鍵暗号として符号暗号を利用する際に、安全な次元の大きさを決めるための非常に重要な情報となる。KDDI総合研究所は、安心して利用できる情報通信システムの構築に貢献するため、引き続き解読アルゴリズムの高速化検討を進めるとともに、より高速で安全な次世代公開鍵暗号実現に向けた研究開発を推進していくとしている。

解読アルゴリズムの概要
解読アルゴリズムの概要
[画像クリックで拡大]

【関連記事】
KDDIと東京大学、ポスト5G時代の課題研究が経済産業省・NEDOに採択
KDDI、「KDDI 5G ビジネス共創アライアンス」を設立 DXビジネス・パートナー拡大を目指す
AWSとKDDI、日本初となるAWS Wavelengthの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13824 2021/01/14 17:19

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング