SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、IBM Security Verifyを東京リージョンから提供へ

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、Identity as a Service(IDaaS)である、「IBM Security Verify」を4月1日より「IBM Cloud東京リージョン」から提供を開始することを発表した。これにより、クラウドサービスの拠点を国内に求める顧客の調達要件を満たすことが可能となるという。

 IBM Security Verifyは、オンプレミスからハイブリッドクラウド環境での包括的な運用が可能なIDaaS。複雑化するシステム環境で、すベてのユーザーにとってセキュアで利便性の高い利用環境を提供するとしている。

 同ソリューションは、指紋や顔認証などの生体認証、TOTPモバイル・オーセンティケーター(Google authenticator, Microsoft authenticator)、メールやSMSでのワンタイム・パスワードの発行、QRコードなどを用いたパスワードレス認証やGatewayを利用し、そのほかの多要素認証とも連携しているという。

 今後同社は、IBM Security Verifyの提供を国内から開始することで、顧客に対して包括的かつ利便性の高いセキュリティーを提供していくとしている。

【関連記事】
IBM、パートナー支援を目的にハイブリッドクラウドの専任チームを結成
GitLabとIBM、Red Hat OpenShiftを活用しDevOpsを支援
IBM、7Summits買収でSalesforceサービスへの投資を進める

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13944 2021/02/09 11:37

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング