SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SoftwareONEとマイクロソフト、戦略的提携で「SAP on Azure」推進へ

 SoftwareONE Holding(以下、SoftwareONE)とマイクロソフトコーポレーション(以下、マイクロソフト)は、長年の信頼関係を基に、Microsoft Azure上のアプリケーションサービスおよびSAPの成長をグローバルに加速するための戦略的提携に合意したことを発表した。

 SoftwareONEは、マイクロソフトとの事業計画およびその期間に予想される収益成長に合わせ、2023年末までに最大5,000人のスペシャリストを追加で雇用・トレーニングすることにより、アプリケーションサービスおよびSAP on Azureの組織的能力を拡張するという。マイクロソフトはSoftwareONEに実践的な開発のための投資・トレーニング・認定・およびエンジニアリングエンゲージメントを提供するとしている。

 また、マイクロソフトとの関係を深め、「WebアプリケーションのMicrosoft Azureへの最新化」というMicrosoft Advanced Specializationの資格を取得することで、顧客のアプリケーションのモダナイゼーション戦略の構築と実施をサポートするという。

 SoftwareONE SAPサービス事業 グローバルオーナー Daniel DaVinci氏は、「今回のマイクロソフトとの契約は、当社のSAP on Azureセンターオブエクセレンス、SAPサービスアクセラレータ、マネージドプラットフォームの提供を世界規模で拡張し、さらに発展させる絶好の機会となります。これにより、お客様が最新のSAPシステムのためのAzureクラウドプラットフォームのメリットを実現するための確実な道筋を提供することができます」と述べている。

【関連記事】
YMFGと日本マイクロソフト、Azure Hiroshima Baseを開設
日本マイクロソフト、新世代Azure Stack HCIの提供を開始
NTTデータ、マイクロソフトとの協業でWinActorとTeamsを連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14233 2021/04/07 11:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング