SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

DataRobot、Zepl買収でAIプラットフォームを強化

 DataRobotは、バーチャルカンファレンス「AI Experience Worldwide」において、クラウドデータサイエンスおよびアナリティクスプラットフォームを提供するZeplの買収を発表した。この買収で、高度な分析に取り組む世界のトップデータサイエンティストが必要とする新機能を追加し、エンタープライズAIプラットフォームを強化するとしている。

 Zeplをクラウドネイティブなセルフサービスノートブックとしてプラットフォームに組み込み、複数のペルソナの生産性、効率性、コラボレーションを促進。これにより、コーディングを好むデータサイエンティストは、DataRobotの迅速に使用できる機能を拡張し、独自のタスクやカスタムモデルを作ることができるようになるという。

 また、Zeplとの統合によりビジネスアナリストは、DataRobotの特徴である自動化機能を使ってモデルを構築し、必要に応じて高度なデータサイエンスを担当するデータサイエンティストと協業し、追加のカスタマイズなど同一プラットフォーム上でできるようになるとしている。

 DataRobotのCEOであるDan Wright氏は、「AI市場をリードするためには、GUIを好むアナリストや市民データサイエンティストから、自らコードを書くことを求める上級データサイエンティストまで、AIシステムを構築するすべての人を受け入れなければならないと常に考えてきました。Zeplの追加により、より高度な分析を必要とするデータサイエンティストは、独自のコードを使用できるなど、既存ワークフローの中でDataRobotを柔軟に活用できるようになります。Zeplを組み込むことで、あらゆる企業におけるAI・データサイエンスの民主化をさらに押し進め、コーディング中心のロードマップを大幅に加速させる予定です」と述べている。

【関連記事】
DataRobot、島根銀行のデジタルシフトをAIで支援
DataRobot、Snowflakeとの連携強化でAI活用を促進
SnowflakeやHPE、SalesforceがDataRobotへ戦略的投資を実施

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14378 2021/05/13 17:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング