EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

三菱商事とNTTデータ、グローバルでのDX推進を加速

  2021/07/01 12:35

 三菱商事とNTTデータ、NTTデータのブラジル子会社everis Brasil Consultoria de Negócios e Tecnologia da Informação(以下、everisブラジル)は、グローバルでのRPA活用について提携を開始することを発表した。

 3社は昨年5月より先行して、中南米地域でのDX分野での協業を開始しており、中南米地域にとどまらずグローバルでの三菱商事グループ(以下、MCグループ)のDX推進および、MCグループとNTTデータグループが有する顧客基盤を活用したRPA「WinActor」の営業活動で連携するとしている。

 NTTデータは2024年末までに海外の企業・行政機関向けに5000ライセンスの提供を計画しており、MCグループとの連携により実現を加速させるという。

 また、2019年12月に三菱商事と日本電信電話(以下、NTT)は産業DX推進に関する業務提携について発表後、オランダの位置情報サービスプロバイダーのHERE Technologiesへの共同出資を行っている。これにより、食品流通分野で合弁会社「インダストリーワン」を設立するなどの取組を進めてきたとしている。

 さらに、同業務提携の中では、三菱商事の事業現場発のトランスフォーメーションをNTTデータのデジタル技術により実現していく取組も進めている。TradeWaltzでブロックチェーンを活用しMCグループなどでの貿易手続き電子化に着手したことに引続き、三菱食品やメタルワンでも導入されている、「WinActor」を活用することで、業務効率化やプロセスの改善に取組んでいるという。

【関連記事】
デンソーとNTTデータ、人流データを活用した実証実験で有効性を確認
日本年金機構、NTTデータの預貯金照会業務のデジタル化サービスを導入
NTTデータ先端技術、Azureを活用したDX基盤構築の社内利用を目指す

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5