EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CTC、SaaS型のオブザーバビリティ・プラットフォーム「New Relic One」を提供開始

  2021/08/25 19:00

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、New Relicのサービス「New Relic One」の提供を開始した。オンプレミスや複数のクラウドサービスによってシステムを構築している企業を中心に展開するという。

 同サービスは、複数のクラウドとオンプレミスが混在している環境で、統合的な監視やパフォーマンス管理を実現するSaaS型オブザーバビリティ・プラットフォーム。システム異常やパフォーマンス劣化の要因分析に必要な、インフラやアプリケーションの情報を統合的に可視化し、コードレベルまでドリルダウンすることで、原因の迅速な特定が可能だという。

 また、アプリケーションのパフォーマンス管理機能により、従来のインフラ監視では収集できなかった実行イベント、エラー発生、応答時間やDBアクセス時間などが把握でき、アプリケーションの遅延や意図しない停止など、リアルタイムでパフォーマンス状況を確認できるとしている。

 また、同サービスはAWSやGCP、Azureなどの主要クラウドプラットフォームに対応しているほか、コンテナの管理ツールKubernetesや、計測データの送受信APIであるOpen Telemetryなどオープンソースソフトウェアにも対応し、370を超えるサービスを統合的に管理可能だという。

 CTCは、同サービスのSaaS型での提供とあわせて、システム運用サービスも提供。具体的には、CTCのグループ会社であるCTCシステムマネジメントが、インフラからアプリケーションまでの必要な監視項目の洗い出しや設定、監視の実施、報告までのサービスを提供するとしている。

 加えて、運用状況の監視ログを分析するオプションでは、分析結果に基づく運用改善ポイントをレポートするという。

【関連記事】
CTC、障がい者雇用推進する特例子会社とともにAIデータの整形サービスを提供
【編集部主催イベント】CTCエグゼクティブエンジニアが語る“クラウド時代のセキュリティ新定石”
CTCと日立システムズ、セキュリティ事業で協業 セキュリティ事業全体を400億円規模への拡大目指す

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5