EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NECネッツエスアイ、映像解析関連サービスで売上30億円を目指す

  2021/08/26 14:21

 NECネッツエスアイは、映像解析サービスに特化した「映像AIプラットフォーム」を開発し、その第一弾としてプラットフォームを活用した「侵入監視サービス」を8月26日より提供することを発表した。

プラットフォームについて
プラットフォームについて
[画像クリックで拡大]

 同プラットフォームは、AIを用いた映像利活用サービスの導入に際して顧客、サービス提供者双方の負担を軽減するものだという。主な特長は以下の通り。

  1. 映像解析結果や画像データの蓄積、リアルタイム処理やバッチ処理など用途に応じた映像解析の映像系AI活用に必要とされる機能に特化したプラットフォームを構築
  2. Slackやboxといった各種クラウドサービス、既にお客様が保有しているサービスやシステムとの連携により、業務プロセスへの組み込みが容易
  3. 従来は、車番検知や顔認証など異なるAIから得られるデータをそれぞれ個別のシステムで解析をする必要があったが、本プラットフォームを活用することで一元的なデータ処理が可能

 今後、本プラットフォームを活用した侵入監視サービスだけではなく、防災、作業員管理など様々なサービス開発を進めるとともに、映像系サービスの提供を手掛けるパートナー企業との共創を進め、新規マーケットの開拓に取り組んでいくという。なお、同社は本サービスを含む映像解析関連で、2024年度に売上30億円を目指すとしている。

【関連記事】
NECネッツエスアイ、ハイブリッドワークの実証開始でイノベーション創発を目指す
NECと富士通、5G基地局装置間の接続性効率化に向け英国と米国のラボで検証開始
NECら5社、データサイエンティスト検定対策用テキストを共同開発

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5