SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アカマイ、トランスコスモスのゼロトラスト・アクセス制御環境を構築

 アカマイ・テクノロジーズ(以下、アカマイ)は、トランスコスモスがアカマイのクラウド型ID認識型プロキシソリューション「Enterprise Application Access(以下、EAA)」と、クラウド型標的型攻撃対策ソリューション「Enterprise Threat Protector(以下、ETP)」を採用し、ゼロトラスト・セキュリティに基づいたアクセス制御環境を構築したと発表した。

 本導入の結果、トランスコスモスは生産性を維持しながら安全なリモートアクセスを実現。まずEAAとETP運用におけるPoCを実施した後で、最終的には以下の点が評価され、導入に至ったとしている。

  • 管理性:統合管理コンソールによって、ユーザーIDごとにシンプルな制御が可能
  • セキュリティと運用性の両立:脅威インテリジェンスによって新たな脅威ドメインやURLの情報が自動更新。これにより、運用管理負担も軽減
  • EAA/ETP連携による脅威対策の自動化:脅威リスクを検知した端末の接続遮断を自動化するDevice Posture機能により、リスク対策を迅速化
  • スケーラビリティ:インターネット上に分散配置されたエッジプラットフォームを活用し、SASEへの発展が可能

【関連記事】
アカマイ・テクノロジーズ、情報窃取を防ぐ「Page Integrity Manager」をリリース
日立ら3社、ドコモ・システムズのゼロトラストテレワーク基盤を共同で構築
グローバルと比べて遅れも――Okta「アイデンティティを中心とするゼロトラスト導入実態調査」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14897 2021/09/03 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング