EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

セールスフォース、ANAのAPIプラットフォーム基盤にMuleSoftを導入 DX推進を後押し

  2021/11/01 18:00

 セールスフォース・ドットコムは、全日本空輸(以下、ANA)がDX推進による顧客体験価値の向上を実現するために、APIプラットフォーム基盤にMuleSoftを採用したと発表した。

 なお、本プラットフォーム基盤の構築には、フレクトが認定パートナーとして参画するという。

 オンラインとオフラインをつなぐ顧客接点であるANAウェブサイトやANAアプリを再構築するプロジェクトを立ち上げ、既存システムとのAPIによる連携基盤の刷新のほか、市場や顧客行動の変化、最新テクノロジーへのスピーディな対応が可能なDX基盤として、MuleSoftの採用に至ったとしている。

 本採用により、ANAは顧客データを含む様々なデータおよびシステム資源を最大限活用するための仕組みを作り、APIを疎結合させるインテグレーションとAPIゲートウェイの基盤を導入。また、将来的に柔軟な機能拡張を可能にするプラットフォームの構築などといった、DXのための取り組みを推進するという。

 システムの本格稼働開始は2022年度上期を予定しており、導入にあたっては、フレクトがプラットフォームおよびAPIの設計・開発、既存システムとの連携などを含む導入支援を実施。今後は、航空・旅行事業関連のアーキテクチャの中で、1,000個以上のAPI開発と稼働を担うAPI基盤として構築し、その後に再利用率を高めながらAPI開発/インテグレーション開発、および運用効率の向上を図っていくとしている。

【関連記事】
セールスフォース、三菱UFJ信託銀行の社内業務DXを支援
MuleSoft、セールスフォースの一翼を担う日本戦略を発表
セールスフォース・ドットコム、JA共済連のDXを「FSC」で支援

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5