SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本オラクル、「AI Services」などOCI製品のアップデートを発表

 12月22日、日本オラクルは、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」製品アップデート説明会を開催した。

[画像クリックで拡大]

 同社は、2021年におけるOCIに関する総括として、リージョンを新たに7つ開設し、350以上の新機能/機能強化などを発表。他にも、ISMAPへの登録が完了していたり、CCoEサービス、データ利活用を支援するサービスを提供したりと、顧客におけるクラウド化のニーズに対応していると説明する。

 そして、2020年9月から2021年11月におけるOCIの主要な新機能/機能強化として「AI Services」「Data Lakehouse」「OCI DevOps」の解説が行われた。

Oracle Cloud Infrastructure AI Services

[画像クリックで拡大]

 日本オラクルでは、AIや機械学習について「Ready-to-Go」「Ready-to-Work」「Ready-to-Build」という方針を掲げているという。今回、機能強化された「AI Services」では、専門家がいなくても利用できること、エンタープライズ向けに最適なAIを提供できること、無償で利用できるという3つの特徴が挙げられた。これにより、多額のコストや専門人材を投入せずとも気軽にAIを利用し、ビジネス課題を解決できるという。

Data Lakehouse on Oracle Cloud Infrastructure

[画像クリックで拡大]

 これまで、データウェアハウス(Data Ware House)中心の時代が続いてきて、データレイク(Data Lake)が広がりをみせている。その中で、日本だけでなくグローバルにおいてもサイロ化したまま運用されている実態があるという。そこで、データウェアハウスとデータレイクのよい部分を組み合わせた「Lakehouse」への期待が高まり、OCIでも対応したとしている。

Oracle Cloud Infrastructure DevOps

[画像クリックで拡大]

 開発/運用のライフサイクル全般を支援することができるように、「OCI DevOps」に機能追加が施されたという。コード管理からデプロイまでを一気通貫で支援するための機能追加をはじめ、仮想環境やコンテナ、サーバレスなど幅広い実行環境に対応している。なお、本サービス自体は無料提供されており、OCI上ですぐに開発/運用プロセスの自動化に取りかかることができるという。

 また、今回紹介された3つの主要アップデート以外にも約85サービスがアップデートされており、同社ブログサイトからも詳細を参照可能だとしている。

【関連記事】
日本オラクル、「Oracle Cloud」導入メリットの最大化を支援するCCoEサービスを提供開始
NECと日本オラクル、企業や公共機関のDXを共同推進へ
日本オラクル、東洋製罐グループがDX推進に向けオラクルのERP製品群を採用したと発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

メディア部門 メディア編集部 EnterpriseZine編集を担当

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15383 2021/12/22 18:21

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング