EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「LGWAN」上にNTTテクノクロスの会議AIを試験導入 石狩市で検証始まる

  2022/01/07 17:30

 北海道石狩市とNTTテクノクロスは、同市役所における会議のDX推進に向けて、総合行政ネットワーク「LGWAN」上で、会議AIシステムの試験導入を2022年1月下旬から開始すると発表した。なお、試験導入は実際の業務環境下での運用に向けた最終検証だとしている。

会議のDX化のイメージ
会議のDX化のイメージ

 NTTテクノクロスが開発した会議のDX化ソリューションは、会議音声などの非構造化データを個人ごとの会議アーカイブとして一元管理・保管。それにより、いつでも素早く会議を振り返ることができるという。

 石狩市は、NTTテクノクロスとの共同実験として、2020年12月より同市役所のネットワークを介さないスタンドアロン端末に会議AIシステムを導入。年間4,000時間かけていた審議会の議事録の書き起こし作業などで効果検証を行い、記録公開までのリードタイム削減など一定の効果があったとしている。

石狩市のDXを実現し、その成果を他の自治体にも展開
石狩市のDXを実現し、その成果を他の自治体にも展開

 今後、各種AI技術の活用により会議関連業務のDXにも取り組み、市民サービスの向上や行政運営の効率化に努めるという。NTTテクノクロスは、石狩市との取り組みの成果を「LGWAN」上で他自治体にもサービス展開を推進していくとしている。

試験導入の概要
  • 期間:2022年1月下旬~3月31日
  • 内容:石狩市役所における会議関連業務のDX化による業務改善効果の確認
  • 役割:石狩市/会議関連業務のDX化による業務改善効果の確認、フィードバック
       NTTテクノクロス/NTT研究所の先端技術をはじめとする各種DXノウハウの提供

【関連記事】
鹿児島県、職員約8,000名に「LINE WORKS」を導入へ 民間企業との連携や在宅勤務などを推進
日立、福岡市でリモート窓口の実証実験へ 行政サービス向上を支援
8割の自治体がDX未着手 民間と差開く――デジタルトランスフォーメーション研究所調べ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5