SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

埼玉県職員1万2000人のSaaSに採用 Oktaのプラットフォームで基盤構築

 Okta Japanは4月14日、埼玉県の職員約1万2000人が利用する各種クラウドサービス(SaaS)の認証基盤として、同社のアイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」が採用されたと発表した。

[画像クリックで拡大]

 導入作業は2021年の7月から10月の4ヵ月で行われ、11月中旬に職員約1万2000人を対象に全庁規模で稼働を開始した。

 システムの概要としては、県庁職員が利用するSaaSのセキュリティレベルを担保するため、職員の利用場所に応じて多要素認証を要求している。一方で、セキュリティが守られた県庁LANを使う場合には多要素認証を不要とするなど、職員の利便性とセキュリティを両立するアクセス方式を構築。

 なお、埼玉県での各種業務システムはプライベートクラウドで運用されているため、従来のシステムで使用しているユーザー情報ソースであるCSVファイルやActive Directory、LDAPサーバーなどとの接続も実現している。

 今後さらに複数のSaaSを導入し、DX推進計画に継続的に取り組んでいくための土台となる基盤も整備していくという。

【関連記事】
SmartHRがOktaとのSCIM連携で人事情報に基づくアカウント管理の自動化を実現
日立ソリューションズ×Oktaが肌で感じる“ID管理”の課題 IDaaSは日本企業の救い手となるか
人気のある業務アプリの順位に変動――Okta、業務アプリケーションの利用動向に関する年次調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15867 2022/04/14 19:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング