SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

大林組とパナソニック コネクト、建設現場での利用を想定した顔認証統合IDの構築に着手

 大林組とパナソニック コネクトは共同で、建設作業員への多様なサービス提供に向けた顔認証を活用した統合IDプラットフォームの構築に着手。両社は、通勤時のシャトルバスへの乗降確認や入退場時のセキュリティチェックなどを想定した、顔認証の実証実験を実施した。

 プラットフォームに顔画像情報と本人情報をID連携することで、顔認証であらゆるサービスが利用できるようになるという。2社は、2025年の大阪・関西万博開催に向けて建設工事が本格化する夢洲(ゆめしま)における建設工事を想定し、顔認証の確実性とスムーズさを実験。その結果、サービスの提供による利便性や快適性が向上できることを確認したという。

 顔認証統合IDに基づくサービスラインアップの例

顔認証統合IDに基づくサービスラインアップの例

 今後、2社は実証実験結果をもとにサービスの具体化を進め、顔認証を活用したシャトルバス運行と入退場管理の実用化を目指すとしている。さらに、将来のスマートでサステナブルな夢洲まちづくりへの応用も想定しつつ、顔認証による統合IDを基盤としたサービスの拡充を進めていく予定だという。

実証実験結果の概要と結果

実環境における顔認証の精度を確認

 統合IDプラットフォームには、パナソニック コネクトが開発中の「Hybrid-ID」の適用を想定し、顔認証には同社のクラウドサービス「KPAS(ケイパス)クラウド」を利用。屋内、屋外、時間帯の違いなどの環境変化、顔の露出量、マスクやヘルメットの着用など条件変化を加えながら認証を繰り返した結果、誤って認証される事象は発生しなかったという。また、認証と同時に体表面温度測定も行うことができたことから、感染リスクの低減に向けたサービス拡大の可能性も示せたとしている。

時間あたりの乗降可能人数を確認

 シャトルバスを想定した実験では、大阪市高速電気軌道(Osaka Metro)の協力のもと、路線バスおよび2種類の観光バスを使用。乗降口で顔認証し乗車する平均乗降時間を算出した結果、想定乗車人数を1台40人とした場合、平均3分半程度で乗降できたという。

建設作業員の受容性を確認

 建設作業員に、顔認証技術の印象や顔画像を使った建設現場サービスへの期待度についてヒアリングを実施。その結果、8割以上が「満足」と回答したという。また、手荷物を持ったままでも利用でき、マスクやヘルメットを装着していても認証されるという特長を活用し、現場内のセキュリティエリアへの入場チェックや、重機利用時の非接触認証といったサービスへの期待の声もあったとしている。

顔認証実験の状況(左:路線バスでの乗降時認証、右:建設現場内での作業員認証)

顔認証実験の状況(左:路線バスでの乗降時認証、右:建設現場内での作業員認証)

【関連記事】
パナソニックが東京ドームで新顔認証技術を運用開始 各社クラウドとも連携し、入場・決済も実現
NEC、顔認証で新型コロナワクチン接種完了を確認できるサービスを開発 3月末実装へ
JCB、DNPなど業界横断の顔認証コンソーシアム設立 りそなグループで実証実験も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15997 2022/05/17 17:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング