SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

キナクシス、サプライチェーンの新たな分析手法導入と発表

 キナクシスは、サプライチェーンプランニングにおける新たな分析アプローチとしてPlanning.AIを導入し、分析能力を飛躍的に向上させたと発表した。

 同社によるとPlanning.AIは、複数の分析アプローチを利用する機能によって、サプライチェーンに関わる問題の領域を広げ、確保が難しいデータサイエンティストや分析担当者の代替を担い、ビジネス価値のさらなる向上を推進するとしている。

 Planning.AIが追加されることで、キナクシスの利用者はPlanning.AIの拡張機能として以下2種類の機能が利用できるという。

  • Demand.AI:機械学習ベースの感知と予測を利用して、需要および供給計画を向上させ、内部と外部からのデータを取り入れることで需要状況について分析する
  • Supply.AI:複数の分析アプローチ活用から、より広範囲のビジネス問題を解決し、コスト、収益、納期、キャパシティなどのトレードオフのバランスを取り去ることで、サプライチェーンにおけるコスト削減が可能に

 セレスティカのアプリケーションコンサルタントであるマリー・シンプキンズ氏によれば、Planning.AIは予測される手持ち在庫を利用して、製品の最適な組み合わせを迅速かつ正確に算出するため、利用者のさらなるサポートにつながるとしている。

【関連記事】
三菱総研、サプライチェーンのセキュリティリスクにコンサル支援を開始
Kaspersky、WG6としてICTサプライチェーンセキュリティ強化に関する手段を共同報告
セールスフォース、FedExと提携でECおよびサプライチェーン管理の最適化を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16101 2022/06/06 16:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング