SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オラクル、安価なDedicated Regionクラウドサービスを発表 年間約100万ドルから利用可

 オラクルは6月23日、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」が提供する「OCI Dedicated Region」のより低いエントリ・ポイントおよび「Compute Cloud@Customer」サービスを発表した。

 これにより、100以上のOCIパブリック・クラウド・サービスを利用者のデータセンターに提供するだけでなく、レイテンシ、データ・レジデンシ、データ主権に関する厳しい要件を満たすことができるという。

 新しい「OCI Dedicated Region」では、必要なデータセンター・スペースと電力量が平均で60~75%と小規模になったほか、エントリー価格は一般的な利用者で年間約100万ドルと低く設定されている。

 また、「Roving Edge Infrastructure」を使用することで、(オラクルの商用リージョンと同様に)「OCI Dedicated Region」をハイブリッド・アーキテクチャで拡張することも可能とのこと。

 「OCI Compute Cloud@Customer」は、利用者の自社データセンター内にあるOCI互換のコンピュート、ストレージ、ネットワーキング上でアプリケーション実行が可能だ。また、OCIのリージョンからサービスとして完全に管理され、コスト効率に優れたOCIの消費モデルを利用することで、オペレーションの合理化とコスト削減を図ることができるとしている。

【関連記事】
NRI、「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を世界初採用
オラクル、「OCI」の包括的なクラウドセキュリティサービス/機能を拡張
オラクル、従業員エクスペリエンスプラットフォーム「Oracle ME」を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16208 2022/06/23 18:14

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング