SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セキュリティ教育が皆無の従業員、3人に1人がフィッシングメールで感染 KnowBe4がレポートを公開

 KnowBe4は、2022年度版の業界別フィッシングベンチマーキング調査レポートを発表した。

 本レポートは、19業種に対する2,340万回以上の模擬フィッシング訓練/フィッシング攻撃テストの結果を集計し、30,173の組織における950万人以上のユーザーのデータセットを分析したもの。

 同社では、従業員一人ひとりがどれくらい攻撃被害を受けやすいかを測定可能な指標として「PPP(Phishing Prone Percentage:フィッシング詐偽ヒット率)」を集計している。これにより、従業員が摸擬フィッシングメールのリンクをクリック、または感染した添付ファイルを開いたかを可視化しているという。

 本レポートによれば、セキュリティ教育を受けていない従業員の約3人に1人がフィッシングリンクをクリックしてしまうことが判明した。

 ベンチマーキング調査では、同社のトレーニング開始前に、これまでにセキュリティ意識向上トレーニングを実施したことがない企業や組織に対して現状把握を行っている。

 この集計結果によれば、トレーニング前の全業種および全組織規模の平均PPPは32.4%と、従業員の約3人に1人がフィッシング攻撃の罠に陥る可能性があると指摘。この数値は、セキュリティトレーニングを実施しない場合、規模や業種に関係なく、すべての企業や組織がフィッシング攻撃やソーシャルエンジニアリング攻撃に対して、極めて脆弱であると本レポートでは警告している。

【関連記事】
サントリー、世界7ヵ国・2万5000人にセキュリティトレーニング「KnowBe4」を導入
エフセキュアが8万人を対象にフィッシングメール演習を実施
フィッシング詐欺者のレベルが低下傾向か マクニカがスミッシングに関するレポートを公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16339 2022/07/20 12:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング