SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

深刻なサイバー攻撃リスク、経営層クラスが半分を占める プルーフポイントが調査結果を発表

 プルーフポイントは、年次レポート「Human Factor 2022(サイバーセキュリティにおける人的要因分析)レポート」の日本語版を発表した。

 本レポートは、ユーザーリスクの3つの主要な要素である、脆弱性、攻撃、権限における包括的な調査結果だ。

 本レポートによれば、サイバー犯罪者は個人の携帯電話(スマートフォン)には、プライベートと仕事の両方の鍵が含まれていることを認識しているという。

 また、マネージャーと役員は、組織内のユーザー全体の10%に過ぎないものの、最も深刻な攻撃リスクの50%近くを占めているとのこと。

 日本プルーフポイントのサイバーセキュリティチーフエバンジェリストである増田幸美氏は、ローテクなフィッシングメールが、将来甚大な被害をもたらす組織内全体に広がる破壊の攻撃につながることを意識して、人の脆弱性を鍛え、継続的にセキュリティの向上に取り組む必要があると注意を促している。

【関連記事】
CISOのセキュリティリスク認知は世界的に低下傾向 プルーフポイントがレポートを公開
日本は世界最低の身代金支払い率 プルーフポイントがフィッシング脅威の調査結果を発表
プルーフポイント、ドラマ「イカゲーム」のルアーを用いたマルウェア攻撃を確認

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16372 2022/07/25 20:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング