SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本企業の62%がRPAプロジェクトをスケールアップする予定と回答──UiPath発表

 UiPathは、同社の委託により実施された「IDC APJ Automation Survey 2022」(2022年APJにおける自動化に関する調査)の結果を発表した。同調査から、日本の企業の62%が、RPAプロジェクトをスケールアップする、またはエンタープライズ規模のRPA環境を実現する予定であることが明らかになったという。

調査概要
  • 調査機関:2022年2月~3月
  • 調査対象国:日本、中国、韓国、豪州、インドネシア、インド、マレーシア、シンガポール、タイ
  • 調査対象企業:従業員数1,000人以上の企業350社(うち日本は50社)

 2020年から2021年にかけて、自動化への支出は引き続き右肩上がりで推移し、日本の企業の76%が支出を増やしているという。自動化の導入に対する優先項目のトップ3は、経営効率の改善(60%)、将来のパンデミックや危機に対する事業継続性と回復力の確保(58%)、企業全体のデータ、人、プロセス、文化に対する全社的な洞察力とガバナンスの向上(52%)だった。

 来日中の米UiPath Co-CEO(共同最高経営責任者) ロバート・エンスリン氏は「日本企業が自動化を非常に重要だと認識している。強い意欲を持っていることは明らかだ」と述べた。

画像を説明するテキストなくても可
米UiPath Co-CEO(共同最高経営責任者) ロバート・エンスリン氏

 また、日本の92%以上の企業が、重視する対象をインテリジェントプロセスオートメーション(IPA)にシフトしていることが、明らかになったという。日本企業の61%が、今後3年間で展開環境全体の20%以上でIPAを使用すると回答したとしている。

【関連記事】
三井不動産、「UiPath」で95本のワークフローを開発 年間9000時間分の作業削減
UiPathとMicrosoft、クラウドサービス統合と自動化による生産性向上の支援に向け協業を発表
UiPath×Snowflake、パートナーシップを強化 新しい双方向統合をリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16922 2022/11/08 18:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング