SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、三菱UFJ銀行の勘定系システムの構造変革支援を発表

 日本IBMは、三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社である三菱UFJ銀行の勘定系システムの変革を中心とした「アーキテクチャー戦略」の実現を支援するプロジェクトを開始した。

 三菱UFJフィナンシャル・グループでは、デジタルの利便性・革新性と安心・安全の両方を兼ね備える「金融・デジタルプラットフォーマー」への進化を目指している。

 そのため「アーキテクチャー戦略」に基づき、安心・安全な業務の継続に加え、ビジネス変化への対応力と事務・システムコストの競争力を強化するため、銀行システム全体の構造改革に取り組み、段階的に新システムへ移行するという。

 その中でも預金為替システムを中軸とする勘定系システムの構造改革は、「BaaS(Banking as a Service)連携等に向けたAPI提供」、「内部構造の再構築」、「リアルタイムのデータ利活用」がポイントになる。

 日本IBMは三菱UFJ銀行と共に、勘定系システムのモダイナイゼーションによって、開発生産性を向上させ、DXの各施策に柔軟かつ迅速に対応できるアーキテクチャーを実現するとしている。なお、新勘定系システムのシステム基盤は、信頼性の高いメインフレームと迅速性・柔軟性の高いオープン系基盤を適材適所で選択するハイブリッド基盤に進化するとのこと。

 日本IBMは2022年11月10日に発表した「次世代勘定系ソリューション戦略とロードマップ」に基づき、三菱UFJ銀行のアーキテクチャー戦略の実現を支援するとしている。

【関連記事】
CTCとIBM、共同でハイブリッドクラウド支援サービス「OneCUVIC」のグローバル展開を開始
サッポロビール×日本IBM、商品開発AIシステム「N-Wing★」を本格実装 来夏以降に新商品を開発
イクシスと日本IBM、AIを活用した社会インフラの保全・保安業務向けソリューションの共同検討に合意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17105 2022/12/13 13:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年6月25日(火)オンライン開催

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング