SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Twitterの投稿数が前年度比で4割減 ドーモが調査結果を発表

 Domo(以下、ドーモ)は、同社が毎年公開している年次分析レポート「Data Never Sleeps(以下、DNS)」の10年間の変化を分析した調査結果を発表した。このDNSは、オンラインでの人々のやりとりによってインターネット上で毎分どれだけのデータが生成されているのかを視覚的に示したレポートだ。今回の調査では、この10年間で世界のデータ利用情報にどのように変化が起きたかについて、概要を紹介している。

 下記の図はチャネル別(YouTube、Instagram、Twitter、Facebookの投稿、Google検索、Email送信)データ利用情報を2013年のDNS第1版と2022年の第10版で比較したチャートだ。全体的に、この10年でデジタル接続の頻度は上昇している。一方で、利用頻度が微増にとどまるチャネルや、急上昇しているチャンネルも存在している。

DNSから見える10年間の変化
DNSから見える10年間の変化

 増加量が最も多いのは画像や映像の共有となり、逆に最も少ないのは電子メールとなっている。増加率トップのInstagramは、2013年のDNS1版においてユーザーは1分間に3,600枚の写真を投稿。2022年のDNS10版では、約6万6,000枚の写真が投稿されており、1,785%増となった。

10年間のチャネル別データ利用情報の増加率
10年間のチャネル別データ利用情報の増加率

 一方で、電子メールは過去10年で送信されたメッセージ数が13%増と、比較的緩やかな増加となっている。これは性能の優れたカメラを搭載した携帯電話、Wi-Fiの普及とデータ通信プランの多様化により、コンテンツのアップロードが容易になったことが考えられるという。

 なおTwitterの投稿数は、DNS1版が始まった2013年以降3倍近く増加したものの、2022年は2021年に比べてユーザーの投稿数は40%減少しているという。2021年のDNS9版では1分間に57万5,000件の投稿があったが、2022年では34万7,000件余りとなっている。

10年間のツイート数の変化
10年間のツイート数の変化

 ドーモのジャパンカントリーマネージャーである川崎友和氏は、今回の発表にあたり次のように述べている。

 「世界におけるデータ生成量を示すDNSの10年間の変化を見ると、次々と生み出されるデジタルプラットフォーム、アプリ、ツールに対して人々が迅速に適応し、それらを活用しながら問題解決やコミュニティー形成につなげていることがわかります。今回Twitter投稿が2021年のDNS 9版から2022年のDNS10版で40%減少するという大きな変化を目の当たりにしましたが、それでもオンラインで生成されるデータ総量は増加し続けています」

【関連記事】
ドーモとウェザーニューズ、気象データと連携可能なコネクターを提供開始 1km四方の気象情報が取得可能
岩手県観光協会、データマネジメントプラットフォームにDomoを活用 観光DX推進目指す
日本サニパック、ビジネスモデル変革に向けDomo導入 「データアンバサダー」がデータ活用推進も

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17412 2023/02/24 12:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング