SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

パナソニックHD、全社版AIアシスタントサービス「PX-GPT」を構築 社員約9万人に展開

 パナソニック ホールディングス(以下、パナソニックHD)は、パナソニック コネクトが活用しているAIアシスタントサービス「ConnectGPT」をベースに全社版の環境を構築し、4月14日より「PX-GPT」として、パナソニックグループの国内全社員約9万人に向けて展開した。

 パナソニック コネクトでは、2月17日のサービス開始以来、多くの社員が「ConnectGPT」を業務で活用しているという。同社以外のパナソニックグループ社員からも、AIアシスタントサービスの業務活用の可能性の評価・検証や、業務効率化のためにAI活用の要望が挙がってきていた。そこで、パナソニックHDは、AIテクノロジーの導入と業務への適用をパナソニックグループ全体へ波及させることで、より多くのサービスやソリューションを創出するために、パナソニック コネクトの支援を得てPX-GPTを構築したという。

PX-GPTの機能概要

画像を説明するテキストなくても可

 日本マイクロソフトが提供するパブリッククラウドMicrosoft Azure上で利用できる「Azure OpenAI Service」を活用している。ユーザーインターフェースには使用に際しての注意喚起を明記しているという。英語で質問した方が、より精度の高い回答が得られることから自動翻訳機能も搭載。

 なお、PX-GPTの使用に当たっては、AI活用における利用ルールを整備し、入力情報の取り扱い(社内情報・営業秘密・個人情報などの入力はしない等)には注意を払い、適切に情報を活用するよう全社員に注意喚起を徹底していくとしている。

【関連記事】
SMBCグループ、アシスタントツール「GPT」を専用環境で実証実験 NECや日本総研と共同で開発へ
データブリックス、ChatGPT同様の対話が可能な生成AIモデル「Dolly」を発表
新Bingの検索用に、OpenAIであるGPT-4が稼働開始 マイクロソフトが発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17630 2023/04/14 14:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング