SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAS、Duke Healthとの提携を発表 AIを活用した未来型デジタル医療システムの構築を目指す

 SAS Institute(以下、SAS)と学術医療センターであるDuke Healthは、データとアナリティクスを活用した、未来型医療を実現するソリューションの共同開発に合意したと発表した。

 SASの分析テクノロジーの一つであるSAS Healthは、その信頼性と一貫性、拡張性のあるプラットフォームを通じて、最先端のAI機能の開発を促進し、効率性の改善やインサイト導出までの時間短縮が可能とされている。

 一方Duke Healthでは、高水準の臨床環境で予測モデルのテストや検証ができるほか、医療データサイエンティスト、研究者、臨床医と緊密に連携し、医療における分析ソリューションの開発、テスト、展開を行っている。

 両社は今回の提携が目指す目標として、医療の公平性の向上と医療成果の最適化に焦点を当てたイニシアチブの支援を掲げる。

 SASの医療・ライフサイエンス担当バイスプレジデントであるゲイル・スティーブンス氏は、今回の共同開発の発表にあたり次のように述べている。

 「医療改革のニーズはこれまで以上に高まっています。SASは、患者が先進医療を受けられる機会を増やすとともに、最終的に社会全体の健康向上を図ることで、この改革を牽引したいと考えています。私たちは、Duke Healthとともに歩みを進め、SASのアナリティクスを活用して、誰もが健康に過ごせる世界を実現したいと強く望んでいます」

【関連記事】
SAS Japan代表取締役社長に手島主税氏が就任、次世代人材の輩出に注力へ
レジリエンシーを重要視するも現状とギャップ──SAS調査レポート
SAS、「SASハッカソン2023」への参加登録を開始 アナリティクスに関心を持つすべての人が集結

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17747 2023/05/16 13:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング