SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTT東日本、山形大学ら4者が協定締結──庄内地域の遠隔診療・地域コミュニティ形成へ

 山形大学、東北公益文科大学(以下、公益文科大)、酒田市、東日本電信電話 山形支店は、庄内地域における遠隔診療と地域コミュニティ形成に関する実証実験について2023年6月2日に協定書を締結した。

 同実証実験は、庄内地域において、過疎地域等の医師不足や住民の高齢化に対応するため、「遠隔診療」を普及させることを目的としている。遠隔診療の器具を搭載した医療カーの活用によって、遠隔診療モデルについて実証実験を行い、さらに無線環境などにおける医療機器の通信品質や操作性など、技術的な評価を実施するという。

 また、地域住民の交流を活性化させる地域コミュニティ形成のため、地域のコミュニティセンター(以下、コミセン)への健康相談や高齢者の社会参加、学びの場の創出などの実現を目指すとしている。

 山形大学および医療機器販社などは、電子聴診器やエコーなどのセンサーをシステムに組み込み、より多機能な診察を可能にするとともに、多くのバイタル情報を医師に伝えることにより、リモート診察システムの診断精度を向上させるという。なお、システムの運用は、酒田市が実証に取り組む医療Maas事業との連携を検討しているとのことだ。

概念図
概念図

 また、高齢者の見守りも兼ねてリモート健康相談などをコミセンでも行い、各種活動の際に、気軽に健康相談できるネットワーク環境を整備。高臨場大型モニターを設置し、コミセン同士をつなぐことによって多機能な「ハブ(HUB)コミセン」とし、公益文科大が中心となり、コミセン間における地域住民間の交流活発化を促すという。

 さらに、コミセンにおいては、こども教室を高齢者参加で行うことにより、子どもと高齢者間での交流を活発化させ、小中学生の居場所づくりや学習をサポートとともに、高齢者の社会参加を促すとしている。

【関連記事】
NTT Comと奈良県、スマートフォンなど活用した医療DXの実証を実施 働き方改革を推進へ
NTT西日本、回線開通業務システム連携とデータ統合基盤にオラクルを採用
NTT西日本×日本マイクロソフト、自治体のDX推進に向けて4つの施策で連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17844 2023/06/02 18:21

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング