SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

オラクル、ジェネレーティブAIサービスを開発へ Cohereとの連携で意思決定など支援

 オラクルは、世界中の組織向けに、ジェネレーティブAIサービスを開発する計画を発表した。Cohereと連携し、組織のビジネス・プロセスを自動化して意思決定を改善し、顧客体験を向上させるためのジェネレーティブAIサービスを提供する予定だという。

 同パートナーシップによりCohereは、OCI上でジェネレーティブAIモデルのトレーニング、構築、デプロイを実施。OCIは、1クラスタあたり16,000以上のH100 GPUというスケールで、GPUクラスタ技術を提供し、低いレイテンシーおよびリモート・ダイレクト・メモリー・アクセス(RDMA)ネットワークを備えているため、AIワークロードの実行に適しているという。これにより、大規模言語モデル(LLM)トレーニングの高速化とコスト削減を同時に実現できるとしている。

 また、Cohereのモデルは、クラウド・アプリケーションのポートフォリオに直接統合される予定。オラクルは、「Oracle Fusion Cloud Applications」「Oracle NetSuite」、および業界特化型アプリケーションを含むビジネス・アプリケーションにCohereの言語モデルを組み込むことで、ビジネス課題を解決するためのジェネレーティブAIを導入できるという。

 オラクルのクラウド・アプリケーションのポートフォリオ、データ管理の知識、AIインフラストラクチャ、Cohereの大規模言語モデルの組み合わせにより、以下の取り組みが実現するとしている。

  • データ・セキュリティ、プライバシー、ガバナンスを実現:OCIのジェネレーティブAIサービスでは、顧客がデータのコントロールと所有権を持つことが可能。データの出所や系統にアクセスするためのツールも提供予定
  • 高性能なモデル:オラクルのジェネレーティブAIサービスは、CohereのLLMを活用し、業界知識やデータ・インサイトに基づいてカスタマイズや改良が可能。特定のビジネス・ユースケースの精度を高めるために、独自のデータを使用してこれらのモデルを改良できる
  • 組み込み型ジェネレーティブAIサービス:ERP、HCM、SCM、CXなどのクラウド・アプリケーションのポートフォリオにジェネレーティブAIを組み込むことで、顧客が既存のビジネス・プロセスで最新のイノベーションを活用できるようにするとのこと。ヘルスケアとパブリック・セーフティ向けに新たなモデルを展開し、アプリケーション全体にジェネレーティブAIを組み込む予定
  • 顧客が必要とする場所でジェネレーティブAIを利用可能に:オンデマンドでソリューションを拡張、モデルをカスタマイズし、ビジネス用のプライベート・モデルのエンドポイントを作成。組織のデータセンターにジェネレーティブAIサービスを提供し、オンプレミスのデータやアプリケーションとともに、ジェネレーティブ機能を組み合わせることが可能

【関連記事】
NTT西日本、回線開通業務システム連携とデータ統合基盤にオラクルを採用
プラダ・グループ、オラクルのクラウドベースのリテールソリューションを導入
オラクル、「Oracle Autonomous Data Warehouse」の新機能を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17900 2023/06/15 17:25

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング