SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SBIホールディングス、生成AIを専門とした「SBI生成AI室」設立──金融業界の生成AI活用促進へ

 SBIホールディングスは、生成AIの専門社内組織「SBI生成AI室」を7月1日に設立すると発表した。

 SBI生成AI室では、グループ内における生成AI活用をさらに加速させるほか、「グループ生成AI会議」を開催し、グループ各社のノウハウの共有やグループ全体のAI利活用に関する戦略を議論していくとのことだ。まずは、8月末よりグループ内でAzureOpenAIの利用を開始。利用開始時点での対象者は約1,000名の予定だが、早期にグループ全社員が生成AIを利用できるよう、環境整備を推進するとしている。

 なお、SBI生成AI室の室長には2012年よりSBIグループにおけるビッグデータとAIの活用を推進してきた佐藤市雄氏、プロジェクトコーディネーターには、前日本銀行金融研究所所長で現SBI金融経済研究所の研究主幹である副島豊氏が就任。初期メンバーは約10名だが、今後は積極的な人材採用や社内公募により組織の充実を目指すという。

 SBIグループは今回の新組織設立により、生成AIの活用を加速させ、さらなる業務効率化や革新的な金融サービスの創造による顧客利便性の向上を目指すほか、グループ各社間での連携を一層強化するとともに、提携先への知見の共有も行い、生成AIを活用した新たな価値の創造を図るとしている。

【関連記事】
DataRobotとSBIホールディングス、AI・機械学習分野でパートナーシップを拡大
SBIHD、AWSと新たに5年の契約締結 SBI証券はオンライン取引システムをAWSに移行へ
SBI生命、契約管理システムのデータ基盤に「Oracle Database Appliance」採用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/17995 2023/06/30 17:49

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング