SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IBMがwatsonxの一般提供開始、企業のビジネスニーズに対応しAI活用の加速へ

 IBMは、日本でも利用可能なIBM watsonx(以下、watsonx)の一般提供開始を発表した。

 watsonxは、企業のAI活用を加速・拡張するべく以下3つの製品で構成されているという。

  1. 新しい基盤モデル、生成AI、機械学習(ML)向けのwatsonx.ai studio
  2. データレイクの柔軟性とデータウェアハウスの性能を備えた目的に合ったデータ・ストアであるwatsonx.data
  3. 責任、透明性、説明可能性を持って構築されたAIワークフローを可能にするwatsonx.governanceツールキット(2023年秋提供開始予定)

 同ソリューションによって、利用者やパートナー企業は、様々な企業ユースケースに特化したモデルを展開したり、独自のモデルを構築できるとしている。様々な業界の150社以上の企業が、watsonxのベータ版および技術プレビュー・プログラムに参加しているという。

 同社は基盤モデルに対する世界的なニーズに対応するため、IBM Cloud上の新しいGPUオファリングを発表。2023年後半に、基盤モデルの学習と提供の両方に対応するAIに最適化されたインフラストラクチャーを、IBM Cloud上で提供予定となっている。

 また、今後IBMは企業の基盤モデルのユースケースを自然言語処理以外に拡大。特定のユースケース向けに1,000億以上のパラメーター・モデルを運用することで、より広範な企業へ導入できるよう注力するという。併せて、拡大するAIと業界の規制に対するコンプライアンスの管理を支援するとしている。

【関連記事】
日本IBMとNECが協業拡大、分散データ活用ソリューション提供で企業規模に応じたDX推進を支援
IBM、46億ドルでApptio買収へ FinOpsデータによるwatsonx強化など
IBM Security、AWSとの統合拡大を発表 クラウドセキュリティの強化など支援へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18067 2023/07/12 16:06

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング