SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Box、「Microsoft 365 Copilot」との連携でAI活用を加速 機能強化も発表

 Boxは、マイクロソフトの次世代AIを仕事に適用する「Microsoft 365 Copilot」との新たなプラグイン連携を発表した。

 Microsoft 365 Copilot用のBoxプラグインにより、Microsoft 365 Copilotとの連携を通じてコンテンツクラウド「Box」を活用できるようになるとのこと。マイクロソフトやBoxを横断して保存されているファイルやフォルダ内の情報を探すのに時間をかけることなく、次のようなことが実現できるという。

  • Teamsで共有されたBox内のドキュメントを要約し、コラボレーターから洞察を引き出す
  • 既存のプロジェクトの主要なマイルストーンを把握するために、共有されているコンテンツに質問をする
  • チャットやチャンネルをスクロールする手間を省き、会話や新たな知見をキャッチする

 また、BoxのMicrosoft 365 Copilot向けプラグイン連携に加えて、Boxではユーザーが同僚やパートナーとコラボレーションしながら、Box上のファイルを検索、プレビュー、アクセス、編集する方法を改善する新機能をリリース。新機能によりユーザーは、次のことができるようになるとしている。

  • Teamsのチャットやチャンネルの中でBox Notesをシェアしたり、直接編集したりすることで、組織内のコンテンツを統一し、分断を減らす
  • BoxとTeams間でアクセス許可を付与し、ファイルへのユーザーアクセスを自動的に同期。ファイルコンテンツ全体においてセキュリティの仕様を維持する
  • 組織全体および個人のアクセスポリシーに加えてグループに対するアクセスポリシーを適用し、OneDriveやSharePointの連携を無効にする

 加えて、Box for Microsoft Officeデスクトップアプリの共同編集機能が、Microsoft 365用の半期エンタープライズチャネルバージョン 2302:2023年7月の一部として利用可能になったとのこと。この機能強化により、ユーザーは次のことができるようになるという。

  • Microsoft Word、PowerPoint、Excelのデスクトップアプリで編集したファイルをBoxに自動保存し、リアルタイムで共同作業を行う
  • Microsoft Officeデスクトップアプリで展開される機能へのアクセスにより生産性を高める
  • Box Drive、Boxウェブアプリ、Officeデスクトップアプリの「Add a Place」機能からファイルのプレビュー、アクセス、編集、共有が可能

【関連記事】
BoxがChatGPTのAPIを統合した「Box AI」を発表
トヨタ紡織、2018年からBoxの利用を開始 ファイルサーバーにあったコンテンツを集約
「Box」保存データ、全国3万店のコンビニで印刷可能に シャープ製マルチコピー機が対応

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18160 2023/07/28 17:20

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング