SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

Security Online Day 2024 秋の陣

2024年9月25日(水)・26日(木)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

中部電力パワーグリッド、Tenable OT Securityを導入 資産監視と管理状況の可視化へ

 Tenableは、中部電力パワーグリッドがTenable OT Securityを導入したことを発表した。

 中部電力パワーグリッドは、予防的なサイバーリスク対策には資産の把握と潜在的な脆弱性に関する包括的な対策が必要であると認識し、今回の導入に至ったという。

 中部電力パワーグリッドのシステム部総括グループ副長を務める長谷川弘幸氏は今回の導入にあたり、次のように述べている。

 「資産がどこにあるのか、どのような脆弱性があるのか、といった重要な情報が整理されていないと攻撃があっても原因を分析できなかったり、正確なリスク評価もできません。従来、資産管理は手作業中心であったため、時間と手間のかかる仕事でした。脅威データが大量に入手できるようになり、迅速に対応して効率よく脅威を見極めることが急務となりました」

 同システムの導入により、中部電力パワーグリッドでは資産の監視と管理状況の可視化を進めているという。可視化されたものを基に、脆弱性管理手法の実施手順や、新しい資産の監視・報告の担当者に関するワークフローを作成しているとのことだ。

【関連記事】
慶應義塾大学SFC、セキュリティ強化に向けTenableのデジタル資産可視化ソリューション導入
Tenable、国内企業のインターネット上の資産管理リスク指摘──時価総額上位25社を対象に調査
アシスト、資産情報やリスクを可視化する「Tenable.asm」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18618 2023/10/18 17:40

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング