SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAP S/4HANA Cloud最新版を提供開始、RISE with SAPの新たなパッケージも

 SAPジャパンは、顧客がクラウドテクノロジーの利点を活用するための新しいサービスを発表した。概要は以下のとおり。

「SAP S/4HANA Cloud, private edition」の最新リリースを提供開始

 SAP S/4HANA Cloud, private editionの最新版「2023リリース」は、「SAP ERP Central Component」の全機能を提供するだけでなく、財務、製造、保全、サプライヤーを単一のクラウドプラットフォームに統合し、最新のアーキテクチャに基づく業務部門向けアプリケーションを提供。また、リリースサイクルが2年となり、イノベーションと機能拡張が通常6ヵ月ごとに提供され、保守期間も5年から7年に延長したという。

RISE with SAPの新しい「プレミアム・プラス・パッケージ」を提供開始

 RISE with SAPを利用する顧客は、ビジネスプロセス全体でAIの効果を最大化するためのツールを追加した新しいプレミアム・プラス・パッケージを含め、自社のビジネス成果に最適なパッケージを選択可能。同パッケージでは、以下のことが実現可能だとしている。

  • カーボンやその他のリソースをコア・ビジネス・プロセスに組み込み、バリューチェーン全体でデータを計算・共有。環境・社会・ガバナンス(ESG)報告基準に対応することで、サステナビリティに関するインサイトを提供
  • AIコパイロット「Joule」により、ERPのための新しいAI機能を追加。複数のシステムからデータをソートし、文脈化することで、インサイトを表面化する
  • プランニング業務を合理化し、財務および非財務ビジネスユニットのデータによる予測精度を向上。請求書管理と現金回収プロセスを強化するソリューションを活用することで、財務リーダーの意思決定を支援
  • サプライヤーポータルを備えたネットワークERPを構築。サプライヤーネットワークとの連携や調達・請求取引の自動化により、支出コンプライアンスを簡素化する

顧客のクラウド移行へのジャーニーを支援

 クラウドへの移行を支援するため、RISE with SAPへのコンバージョン&モダナイゼーションプログラムを立ち上げ、ツール、専門家によるサービスを提供。プログラムには以下が含まれるという。

  • RISE with SAPの導入フレームワークによるコンバージョン計画の立案と、「SAP Signavio Process Insights」によるビジネスケースの構築を行う
  • SAP S/4HANA Cloudへの移行方法を評価するために、専任のSAPエキスパートによる1対1のセッションを提供する「SAP Customer Evolution kit」を提供

【関連記事】
クラウド売上16%増、ブラジル・インドなどで伸びが顕著──SAP 2023年度第3四半期業績
伊藤忠丸紅鉄鋼、SAP S/4HANA Cloudを欧米拠点の基幹システム基盤として本格稼働
SAPジャパン、蓄電池のトレーサビリティ管理システムとの接続めざし機能検証を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18675 2023/10/27 17:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング