SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータとテラスカイが資本業務提携、3年後に500億、セールスフォース事業でNo.1目指す

テラスカイ 代表取締役CEO 社長執行役員 佐藤 秀哉/

NTTデータ 取締役常務執行役員 コンサルティング&アセットビジネス変革本部長 冨安 寛氏

 NTTデータとテラスカイは、2024年4月12日に資本業務提携契約を締結した。本提携により、国内ナンバー1のセールスフォースエンジニアグループを目指す。NTTデータはカスタマーエクスペリエンス変革の領域において、3年後に年間500億円の売上を目標としている。

NTTデータ、テラスカイ株式の20.12%取得を計画

 NTTデータは、NTTグループのNTTテクノクロス株式会社が保有するテラスカイ株式の約10%を譲り受ける。さらに市場買付により約5%強の株式を取得し、合計15.97%の株式取得を目指す。同時にテラスカイから業務連動条件付きの新株予約権の割り当てを受ける。

 テラスカイの2025年2月期から2027年2月期の3年間の連結営業利益が25億円を超過した場合、NTTデータは新株予約権を速やかに行使し、最終的にテラスカイ株式の20.12%を取得する計画だ。

両社の強みを活かした協業の狙い

 NTTデータ代表取締役社長の冨安寛氏は、「当社が日本事業を拡大させるために、セールスフォースというデジタルテクノロジーでリーダーポジションにいるテラスカイとの協業は、最適な組み合わせであり、コンサル・導入・効果創出とエンド・トゥー・エンドで迅速かつ強力にお客様のビジネスを支援することが出来る。これまでの弊社のセールスフォースでの取り組みが弱いというイメージを払拭したい」と語った。

 NTTデータはこれまで公共・金融分野で多くの顧客基盤を持っており、そこにセールスフォースをより導入していきたいと考えている。また、3月に立ち上げたTsuzumiの生成AI事業なども活用したサービス企画も両社で検討する。

 一方、テラスカイはセールスフォース分野で国内リーダーのポジションにあり、高度な技術力と豊富な導入実績を有している。NTTデータとの協業により、テラスカイのプレゼンスを高め、NTTデータの技術者のレベルアップにつなげたい考えだ。

 テラスカイ代表取締役社長の佐藤秀哉氏は、「NTTデータ様の幅広い顧客層に対して、私どもの技術力がお役に立てるのではないか。セールスフォースの導入だけでなく運用、CoE(Center of Excellence)構築支援のノウハウも、お客様のDX戦略の一助になると思う」と期待を寄せる。

共同サービス企画やグローバル展開も視野に

 NTTデータとテラスカイは、金融機関向けなどの共同サービス企画や、AI活用サービスの企画を進める。深刻化するIT人材不足への対応として、両社で人材獲得・育成にも取り組む方針だ。

 「NTTデータグループはこれまでセールスフォースの資格者数は6位、テラスカイ社は2位でしたの資格数を持っている。この両者が協業することで、日本では1位の資格数を持つことになり、これも大きな目的の1つだ」と冨安氏は言う。

 [画像クリックで拡大]

 グローバル展開も視野に入れており、NTTデータのグローバルネットワークとテラスカイのアジア・パシフィック地域の提携先を活かし、特に成長著しい東南アジア市場でのビジネス協業を狙う。

 両社のケイパビリティを掛け合わせ、セールスフォース分野における国内ナンバー1のポジション確立を目指す資本業務提携となる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

翔泳社 メディア事業部。同志社大学卒業後、人材採用PR会社に就職後1994年から翔泳社に参加。以後、翔泳社の各種イベントの立ち上げやメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・編集・書籍などのコンテンツ制作に携わる。 趣味:アコギ、映画鑑賞。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19552 2024/04/12 20:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング