SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAS、業界別特化の生成AIアシスタント戦略を展開 「SAS Viya Workbench」の一般提供開始も発表

 SAS Institute(以下、SAS)は、ラスベガスにて開催された「SAS Innovate 2024」期間中に、SAS Viyaの機能拡張とAIサービスの強化戦略について発表を行った。

主なトピック
  • SAS Viyaの拡張 業界別に特化した生成AIアシスタント戦略を推進
  • SAS Viya Workbenchの一般提供を開始

SAS Viyaの拡張 業界別に特化した生成AIアシスタント戦略を推進

 まずは、SAS Viyaの拡張。生成AI機能を搭載し、業界別に特化した生成AIアシスタントを提供することで、単発で終わることのない企業のイノベーションを支援すると、同社CTOのブライアン・ハリス氏は述べている。

SAS Institute Executive Vice President and Chief Technology Officerブライアン・ハリス(Bryan Harris)氏
SAS Institute Executive Vice President and Chief Technology Officer
ブライアン・ハリス(Bryan Harris)氏

拡張後のSAS Viyaにおける特徴は以下のとおり。

  • 生成AIのオーケストレーション:外部の生成AIモデルを既存のビジネスプロセスやシステムに統合し、エンドツーエンドのエンタープライズのユースケース向けにLLMを組み込む
  • SAS Viya Copilot:分析やビジネスタスク、業界タスクを加速するパーソナルアシスタントで、開発者、データサイエンティスト、ビジネスユーザーの生産性を向上。コード生成、データクリーニング、データ探索、マーケティングプランニング、ジャーニーデザイン、ナレッジギャップ分析などの様々なタスク向けにツールを提供する。初回版は、招待制のプライベートプレビューを通じて提供
  • SAS Data Maker:機密情報を損なうことなく高品質の合成データを表形式で生成して、データプライバシーや希少性の問題に対処し、データプライバシーへの対応を支援。プライベートプレビューで提供中

 また、上記以外に企業の顧客エンゲージメント向上を実現するための取り組みも紹介。具体的には、SAS Customer Intelligence 360への生成AI機能の搭載を進めており、既にストリーミング・マーケティングプランニングやジャーニーデザイン、コンテンツおよびクリエイティブ開発において生成AIアシスタントを提供しているという。

 また、企業のマーケティング担当者に向け、SAS Customer Intelligence 360に以下3つの新機能を追加したとしている。

  1. 生成AIを利用した自然言語プロンプトに基づく推奨カスタマーの構築
  2. カスタマーデータを解釈するチャット体験
  3. 電子メールの件名を生成AIで提案するサービス

 マリネラ・プロフィ氏(Analytics and AI Lead and Data Scientist)は、SAS ViyaのAIや生成AI機能を活用するいくつかの企業の事例を紹介した。

SAS Institute Analytics and AI Lead and Data Scientist マリネラ・プロフィ(Marinela Profi)氏
SAS Institute Analytics and AI Lead and Data Scientist
マリネラ・プロフィ(Marinela Profi)氏
Georgia-Pacific社(製造業)

 製造設備あるいは製造工程に問題が生じた際、センサーデータやビジネスルール、レコメンダーシステム、生成AIなどによって適切な次善策を提案する。これにより、イベント発生時に従業員がリアルタイムで即座に適切な判断を下せるようになる。

Wienerberger社(製造業)

 エネルギー消費量やGHG排出量の削減、製品の品質向上にSAS on Microsoft Azureを利用。具体的には、SASのAIやIoTアナリティクスを使用してすべてのデータ・ストリームを連携し、生産プロセス全体を分析している。エンジニアと現場作業員が、製造プロセスの各工程について正確な情報を得られるようになり、レンガの乾燥と焼成をより低コストで行うための具体的な数値目標の特定が可能に。

SAS Viya Workbenchの一般提供を開始

 同社が2023年の9月に発表した、AIモデルの開発環境をオンデマンドで提供するSAS Viya Workbenchの一般提供が開始されるという。

 SAS Viya Workbenchは、セルフプロビジョニング機能やセルフターミネイト機能を備えた、効率的なAIモデルの開発環境を実現するサービスだと、ジャレド・ピーターソン氏(Senior Vice President, Research and Development)は述べる。分析専用の環境にはカスタマイズ可能なCPU/GPUが搭載され、プロジェクトのニーズに応じた演算能力が得られるという。構築したモデルなどの成果物は、SAS Viyaでデータ管理やガバナンスに活用し、オペレーションを展開することが可能だとしている。

SAS Institute Senior Vice President, Research and Development ジャレド・ピーターソン(Jared Peterson)氏
SAS Institute Senior Vice President, Research and Development
ジャレド・ピーターソン(Jared Peterson)氏

 同ソリューションは2024年度の第2四半期中にAmazonのAWS Marketplaceを通じて提供が開始され、今後は他のクラウドプロバイダーへの対応およびSaaS導入オプションが追加される計画だという。

【関連記事】
ラスベガスでデータとAIの祭典「SAS Innovate」開幕! AI時代の企業とSASの在るべき姿を描く
SAS、米ラスベガスで「SAS Innovate」開催 200以上のセッションとワークショップ、分科会、ラウンドテーブルなど
不正対策担当者の83%が、2025年までの生成AI導入に意欲──SASグローバル調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

名須川 楓太(編集部)(ナスカワ フウタ)

2022年4月より「Biz/Zine」で取材・編集・執筆を担当。2024年4月にEnterpriseZine編集部に加入。AIやサイバーセキュリティ、データサイエンス等に携わるビジネスパーソン、テクノロジーによる変革を牽引するCIOやCDO、CISOに向けた情報発信を担当します。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/19605 2024/04/23 15:41

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング